手術中に麻酔が切れる【術中覚醒】の原因と確率・発生の危険が高い手術

手術中に麻酔が切れる【術中覚醒】の原因と確率・発生の危険が高い手術病気の治療


来院不要!自宅で完結!病院と同精度のがん検査が受けられる|血液検査ラボ

手術中に麻酔が切れる【術中覚醒】

手術中に麻酔が切れる【術中覚醒】

【術中覚醒】とは手術中に麻酔が切れることです。

 

私は18才の時に

『突発性自然気胸』で開胸手術を受けました。

この時、麻酔から完全覚醒するタイミングが早く、

筆舌に尽くしがたい苦しい思いをしたので

全身麻酔には不安しかありません。

 

よっぱ
よっぱ

人工呼吸器を装着したまま覚醒するは、正に糞尿垂れ流しの苦しさですよ。

 

 

その実体験から、

実は単なる都市伝説だと思っていた

『手術中に意識が戻る』という噂が信憑性を増し、

真実かどうか非常に気になっていました。

 

そしてとうとう、

2016年に行った子宮内膜症の手術によって、

確かな情報を得たのです。

 

手術前日に麻酔科医から麻酔に関する説明があり

『麻酔説明書』を手渡されました。

 

実際に自分自身が手術するにあたって渡された『麻酔説明書』です。

この記載に間違いがあるはずがない。

 

大変恐ろしいことですが、

<手術中に麻酔が切れ意識が戻る>

事実です。

 

【術中覚醒】の原因と確率

【術中覚醒】の原因と確率

それではお読みください。

転用元は私が手術前日に署名した

2016年8月発行の『麻酔説明書』です。

 

本来、全身麻酔では、意識が無い状態で手術が行われますが、

約1,000人に1人程度の確率で、手術中に意識があることがあり、『術中覚醒』と呼びます。

患者さんの意識が無い状態を保つために必要な麻酔薬の量には、かなりの個人差があり、

麻酔科医は脳波、血圧、心拍数などを参考に、個々の患者さんにとって適切な量を投与するよう調節しています。

しかし、麻酔薬の多くは血圧を下げ、心臓の動きを抑制する作用があるため、

外傷に対する緊急手術や、重い心臓病を持つ患者さんの手術等、

血圧・心臓が不安定な状態では、手術中に十分な量の麻酔薬を投与できない場合があります。

また、麻酔薬の投与が何らかの原因で中断した場合も、術中覚醒が生じる可能性があります。

術中覚醒は、手術中の医師、看護師の会話や物音が聞こえるといったものから、

術中に痛みを感じるものまで、いろいろな種類があります。

術後、よく眠れない、悪夢をみる、うつ状態になる等、いわゆる

心的外傷後ストレス傷害(PTSD)の症状が出る場合、精神科医や臨床心理士の治療が必要事項になります。

転用:2016年8月発行『麻酔説明書』より

 

嘘か本当かどころか

発生する確率は1000人に1人。

 

そして血圧が高い状態では、

手術中に十分な量の麻酔薬を投与できないため

また、合併症を引き起こしやすくなるため

手術ができないことになっています。

 

実際に私の母親が、高血圧が理由で手術がうけられず

脳出血により意識不明となりました。

 

【術中覚醒】の危険が高い手術

【術中覚醒】の危険が高い手術

 

術中覚醒が発生しやすい手術トップ3

第1位:外傷に対する緊急手術

第2位:心臓外科手術

第3位:帝王切開手術

一般に術中覚醒の危険が高い手術として、

上記3種が知られており、

 

よってこれらの手術において麻酔科医は

特に!注意を払っているそうですが、

術中覚醒を完全に防ぐことはできない

のが現状だとか・・・

 

麻酔薬が血圧を下げ、心臓の動きを抑制するため、

血圧・心臓が不安定な状態では十分な麻酔薬を投与できない。

その為に、外傷に対する緊急手術、

心臓外科手術、帝王切開手術において

高い頻度で術中覚醒が発生してしまうそうです。

 

術中覚醒のように執刀中に目覚めることがなくとも

私が体験した人工呼吸器を挿入したままで

覚醒するのだってかなり怖い事です。

 

私は自身の手術前、担当医に

人工呼吸器が外れる前に意識が戻らないように

たっぷり麻酔をかがせてくれとお願いしました。

 

しかし先生は苦笑いしながら

<自発的呼吸を確認してからでないと人工呼吸器は外せない>

と、至極もっともな説明をしてくださいました。

 

医師
医師

だって下手したら死んじゃいますもん💧

 

ということは、映画やドラマのよくあるシーンは、

正確には二度目のお目覚めということになりますよね。

 

あれの前に必ず人工呼吸器を挿入した状態で

自発呼吸があることを確認されているのです。

 

表現が難しいのですが、、

 

体だけ先に目覚め自発呼吸を確認され

呼吸器を全て抜かれた後に意識がはっきり戻る。

 

これがドラマのような理想的な麻酔の切れ方で

 

私の場合は、自発呼吸を確認した流れでそのまま

完全覚醒(体も意識もはっきり目覚める)したのです。

 

そういた諸々の違いは

投与のタイミングが大きいらしいです。

だから麻酔医師の経験がものをいうのだとか。

 

よっぱ
よっぱ

麻酔専門の先生がいらっしゃるのを初めて知りました

 

私がそうであったように

誰もがドラマのような目覚めはむかえられず、

三途の川をチラ見する人が少なからずいるのです。

 

そして、恐ろしいことに

もろ手術中に目覚める人もいるのですよ。。

 

よっぱ
よっぱ

知りたくなかった事実💧

 

余談|腹腔鏡下手術中に全身火傷

余談|腹腔鏡下手術中に全身火傷

余談ですけど、

子宮内膜症で転院する前に通っていた大学病院で、

私が手術をうけるはずだったそれより少し前に、

やはり婦人科の手術を受けていた患者さんが、

レーザー照射が腸内ガスに着火して

(※検証不可能で可能性ってことになってます)

全身に火傷を負うという

ショッキングな医療事故がありました・・・

よっぱ
よっぱ

怖ッ!

要点まとめ

●手術中に意識が戻る確率は約1,000人に1人

●術中覚醒が発生しやすい手術がある

●術後覚醒のタイミングは麻酔医師の経験がものをいう

 

その治療にいくらかかるかわかりますか?

病気の治療
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ