健康診断バリウム検査|横回転は年齢に比例して速度と回数が増す

病気治療の回顧録

会社の健康診断

会社の健康診断にいってまいりました。

今年も新型コロナウイルスの影響から、例年に比べると患者数は少なかったです。

そしてできるだけ密をつくらないようにと、看護師さんたちが各検査毎の待ち状況を確認して、次受けるべき検査を割り振っていきます。

しかし、最後はバリウム検査で〆なければいけないのは決まり事。よってここだけはコロナであってもまあまあ密。

よっぱ
よっぱ

しゃーないわねー

ところで、

35才になって初めてバリウム検査をうける時、心配していたのはバリウムの味やゲップのことだけでした。

よっぱ
よっぱ

バリウムって溶かした紙粘土みたいだな、飲んだあと吐いちゃったらどうしよう。。

よっぱ
よっぱ

何度やってもゲップ出ちゃって先生にイラつかれたらどうしよう。。

どれほど苦労するかと思いきや、拍子抜けするほどスムーズに検査がすすみ安堵したのを覚えています。

あれから約10年。

相変わらずゲップは出ないし、バリウムも年年躊躇なく飲めるようになっています。

が、しかし。

数年前からちょっとずつある変化を感じていたのですが、昨年までは気がしているだけだったのが今年確信!

それがタイトルに書いた
医師からの横回転指示がどんどんアクロバティックになってきている。

バリウム検査とは

正式名称は『上部消化管X線検査

バリウム検査によって、食道、胃、十二指腸の病変を早期に発見することができます。

まずはじめに、炭酸(発泡剤)を飲んで胃を膨らませ、次にバリウム(造影剤)を飲んで、バリウムが胃粘膜を滑り落ちていく様子をレントゲン撮影します。

バリウムの動きによって胃の内部にできた凸凹を確認することができるので、その凹凸ができる原因であるポリープなども発見できるという検査方法です。

健康診断など人数をこなす場合は、最初にバリウムを全部飲んじゃってから検査台の上で体を回転させ撮影しますが、人間ドックなどでは検査台の上で体を回転させたり、台を動かすたびに少しずつバリウムを飲んで撮影する方法がとられます。

バリウム検査を受ける際の注意点

1. アルコール類は2日前から飲まないようにします。

よっぱ
よっぱ

はじめて聞きました💧

2. 検査日前日の夕食は午後8時までにすませること。

医師
医師

撮影時、胃に食べ物が残っていると検査ができなくなるので、食事の内容も消化の良いものにします。

3. 以降は飲食禁止、水のみOKです。

4. 検診当日の朝は何も食べないこと。

5. 検査時間3時間前からは水分摂取禁止。

よっぱ
よっぱ

私のところでは2時間前まで許可されていますよ

6. ガムや喫煙も控えてください。

医師
医師

タバコを吸うと胃が刺激されて胃液が分泌され、バリウムを飲んだときに食べ物と勘違いして胃が働き、腸へと押し出そうとしてしまいます。

7. 検査終了後はコップ2杯程度の水を飲み、30分ほど時間を置いて下剤を飲みます。

医師
医師

バリウムは必ず排出する必要があります。

8. 下剤の効果は通常、4~5時間で出ますが、夕方までに便が出ない場合は2回目の下剤を飲みます。

よっぱ
よっぱ

完全にバリウムを出し切れるのは翌日です。便の色が白からいつもの茶色に変わればOKです。

9. アルコールはバリウムを体内で固まりやすくするので、排出されるまで控えます。

よっぱ
よっぱ

これまたはじめて聞きました💧💧

10. 3⽇以上排泄がない場合バリウム検査はおすすめできません。

よっぱ
よっぱ

頑固な便秘に悩む人はバリウム検査受けられないのか!?

私がこれまで読んできた事前確認書の中には記載のないものも多いので、これらは検診を受ける医療機関によって厳守が必要な項目と推奨される項目とに分かれるようです。

バリウム検査の実態|46才女性の場合

検査前

看護師さんからお呼びがかかると、始めに本人確認をされます。

その次に『ブスコパン注射』の接種の有無を確認

ブスコパンは眼圧が高い方は接種できません。

あと、高頻度で副作⽤(動悸、めまい等)が起こるため使⽤していない医院も多いみたいです。

私は検査後しばらく視点が定まりにくくなりました。

よっぱ
よっぱ

まーまー怖かったです💧

それに、ブスコパンの有無による検査精度の違いが実はそれほど無いことが判明したそうで、私は昨年から射たなくなりました。

なのにしかし、

医師
医師

ブスコパン射って無い分頑張って早く回ってくださいねー

検査担当医師からはこのように言われちゃいました。射った方が良かったのかと思いますよねぇ。。

検査中

とにかく回転させられます。

よっぱ
よっぱ

大袈裟じゃなくてかなりしんどい💧

昔はここまで回わりませんでしたし、診察台も立ち姿勢から真横になるだけ。

ところが今や、バリウム飲むが早いかガンガン急き立てられ右回転を促されます。

よっぱ
よっぱ

左には回らない。右オンリー。

医師
医師

はい!急いで!右右右…..ハイッ!そこで止まって動かないっ!!斜め45度キーーープで息止めて!止めて止めて….はい楽にしてー右に回って!

よっぱ
よっぱ

楽になんかできないよ💧

しかも診察台の傾斜がえらいことになってきました。

真横を超え頭が下を向き、体の位置がずるずると下がっていきます。

台から滑り落ちないようサイドバーを握って耐えますが、そんな状態からも回転指示が出されます。

一瞬どーしてよいのかわからなくなりました。

片手ずつバーから手を離して回転するしかありません。けっこーな握力が必要です。

さらにこんな状態で片ひざを立てるよう指示が出ます!

もー完全に何か新種の体操競技のよう。

挙げ句の果てに、足の方が高い姿勢のまま真横を向いて両手を前に出すように言われます。

これまた一瞬どーしてよいのかわからなくなりました。。

すると、

なんと!乗っている台の下からサイドテーブルが突き出てきました!!

よっぱ
よっぱ

皆さんこれ見たことあります?!

そして追い打ちをかけるように、私はいつも途中で炭酸をおかわりさせられます。

理由は胃下垂だからだそうです。

医師
医師

途中で炭酸が潰れちゃって下の方までちゃんと胃が膨らまないんだよね、

お代わり炭酸を私に手渡すと医師は急いでブースに戻り、マイクに向かって(早く飲め!早く回れ!)を繰り返します。

私はそれに従い、硬い台の上でゴツゴツと音をたて着衣も髪も乱しながら懸命に回転するのですが、

その姿がツボにはまるのか、そのうち医師の号令にうすら笑いが含まれてくるという・・・

よっぱ
よっぱ

絶対楽しんでるだろ、

といった感じで、今年は特にアクロバティックなバリウム検査が終了しました。

よっぱ
よっぱ

終わる頃にはへろへろですよ。へろへろ。。

検査後

検査後は皆洗面台に並んでうがいして下剤を飲みますが、例年は必ずいらっしゃる

ガァーーーッ!ペッ!!

ゴアッ!・・ゴアッ!・・ペッ!!

っておじ様がコロナ禍で消えました笑

早い回転を促される理由

ある程度早く回わらないと、病変をみつけるためのバリウムが逆に病変を隠してしまうそうです。

それに、じっとしてしまうと次の臓器(十二指腸)にバリウムが流れていってしまうのだとか。

バリウムが十二指腸に流れてしまうと、胃そのものが隠れて見なくなっちゃうそうです。

よっぱ
よっぱ

なるほどそれでは検査になりませんからねぇ、

要点まとめ

バリウム検査で指示される回転は年齢に比例して速度と回数が増していく👍

一緒だから楽しい!【オンライン料理教室】で週末に作り置き♪