胃カメラ検査の時間と費用|内視鏡スコープの挿入は口か鼻か選べる

病気治療の回顧録



来院不要!自宅で完結!病院と同精度のがん検査が受けられる|血液検査ラボ

胃カメラ検査の大まかな流れ

胃カメラ検査(=胃内視鏡検査)
咽頭、喉頭、食道、胃、十二指腸を調べる検査。正式名称『上部消化器内視鏡検査』

胃内視鏡検査の大まかな流れ

1. 前日夕食は20時頃までに済ませる(腹八分目にする、脂っこい食事は控える)

2. 当日朝は食事をしない

3. 喉の局所麻酔(液体麻酔を口に含みます)

4. スコープ挿入(検査時間約10分)

5. 検査後即時帰宅可能

6. 食事制限なし(検査後2時間ほどは食事を控えてください)

当日朝はご飯を食べずに病院へ行きます。

病衣などには着替えません。

まず喉に局所麻酔をします。

表面麻酔の液体を口から含んで喉に溜め、しばらくじっとしてないといけません。

看護婦さん
看護婦さん

喉のところで頑張って止めてくださいねー

と言われますが、これがそこそこ大変です。

液体を飲み込まず、喉のできるだけ奥に液体を留めておくってかなり難しい。

そして結局上手くできているのかどうかの手応えもつかめないまま終了。

よっぱ
よっぱ

局所麻酔が効いた時特有の(((ボーン)))と面の皮厚くなったようなあの独特な違和感を感じないので、あまり麻酔効いてないのではないかとだいぶ心配になります。

内視鏡の挿入は口と鼻から選べる

喉にチューブ(※内視鏡スコープのこと)というと、肺気胸の全身麻酔術の際に人工呼吸器を装着したまま完全覚醒した苦しい思い出がよみがえり、さらに不安が増していきます。

すると先生から

お医者さん
お医者さん

口からより鼻からの方が楽ですよ

と言われました。

よっぱ
よっぱ

胃カメラって口からだけじゃないんですね

胃の内視鏡検査は内視鏡スコープの挿入口を、口からと鼻からのどちらか選択できる

おすすめに従い鼻からを選択し、ベットに横になりいよいよカメラ挿入。

正直この時まで苦しいといっても、耳鼻科の診察で鼻からちょっと何か突っ込まれるヤツの延長くらいに考えてました。

・・・全然違いました;;

よっぱ
よっぱ

しいッ!オエッ!オエッ

カメラを押し出そうとする『嘔吐反射』を止めることができません。

なんとか内視鏡が食道に入ってからも、スコープが内部に触れている時の何とも言えない圧迫感と、胃の中を観察するために空気やガスを入れる時の胸やお腹の苦しさが半端ないです!

注意点はただ一点、力んではいけません。

よっぱ
よっぱ

りきむと医師から怒られます((苦笑;

苦しむ患者に気遣うどころか、私の場合、お医者様からけっこーあからさまにイラッとされました。

お医者さん
お医者様

はい、力まないで!力抜いてますか?!そんなに締めたら入っていかないですから。食道狭いなー!逆にカメラ押し返してくるよ。うーん、これじゃ検査終わりませんよー

先日うけた緑内障の検査でも女医さんに力むなって怒られました。。

女医さん
女医さん

何度も言いますけどッ!目ッ!開けてないと検査できませんよッ!

よっぱ
よっぱ

・・・すいません、

悪かったよ、何度言われても目つぶっちゃって。

けど、怒られてもさー、こっちだって業とやってないし。

条件反射だからどーしよーもないんだけど、、ほんと泣きたいわ、

よっぱ
よっぱ

って泣いてるか・・

涙もヨダレもだらだらに垂らして、みられたもんじゃない、こんな自分は知りたくない。

トイレいっといてよかったな、でなきゃちょっと漏らしたかもしんない。

よっぱ
よっぱ

ほんと病院嫌いだよ

しかも、嫌味でしめられた。

お医者さん
お医者さん

普通はもっと早く終わります

よっぱ
よっぱ

さいでっか!💢

この医者からイラっとされることは患者にとって本当に辛いです。

お医者さんだって患者になったことくらい一度や二度三度あるでしょうに・・

それとも医者同士ってのは絶対そんな醜態は見せないのでしょうか?

胃カメラ検査の時間と費用

まず内科を受診し、問診から胃カメラ検査の必要を確認。

当日の予約と事前説明を受け『上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査同意書』を渡されます。

この問診にかかった費用が850円(税込)

次に検査当日、予定表の時間は【11:00~11:15】ですが30分前には来院するように言われます

10:30には受付を済ませ検査室の前で待機していると、時間より早く声がかかり前倒しで検査が実施されました。

トータルして15分程かかりましたが、カメラの挿入時間自体は10分弱だったと思われます。

メインの検査費用は7610円(税込)でした。

そして検査結果がでるのが約1週間後

結果は特に問題なし。毎年会社の健康診断でもみつかるポリープがあっただけです。

検査結果の説明を受けるのにかかった費用が590円(税込)

よっぱ
よっぱ

けどこのポリープ。毎年必ず同じ場所にみつかるので、同じものが消えずにそこにあるってことですよね?それでも毎回12か月の経過観察ですが、それって特に気にする必要なしってことじゃないの??

そのポリープに名前があることが判明しました。『山田Ⅱ型ポリープ』っておっしゃるそうです。

あとは自分でみても、人生で何度もリバース(嘔吐)してきた割にきれいな胃だなーって思いました。

通院回数3回、時間は待ちも合わせて各小1時間。検査費用の総額は9050円(税込)でした。

おすすめ!無痛内視鏡検査

内視鏡検査はとにかく苦しかった。

今まで色々痛い苦しい体験をしてきて、それに比べれば『所詮検査でしょ』とたかをくくっていましたよ。

しかしながら、中高年になったら誰もが受けた方が良いっていう胃の内視鏡検査。

それがこんなに苦しいというのはいかがなものでしょうか・・

軽い鎮静剤を使用して眠っている間に行う『無痛内視鏡検査』は患者の苦痛が少ないだけでなく、医師にとってもじっくり観察できることで隠れた病変を見逃す危険が減るというダブルでメリットがあります。

注意点といえば、

1.検査後に麻酔が抜けるのを待つため1時間程度の休憩が必要
2.帰宅に車など運転ができない

これくらい?ではないでしょうか。

無痛内視鏡検査の検査費は病院によって異なりますが¥6,000~¥1,2000でした。

私が次に胃カメラ検査を受ける時は、患者にも医師にもメリットの大きな『無痛内視鏡検査』を選択します。

要点まとめ

胃カメラ検査で必要な通院は最低3回

検査費用の総額は9050円(税込)※よっぱの場合

検査前日の夕食は20時頃までに済ませる

検査当日の朝は食事をしない

通常の検査は喉の局所麻酔で行う

スコープ挿入は口か鼻から選べる

スコープ挿入時間は約10分程度

通常検査では検査後即時帰宅可能

検査終了後2時間は飲食禁止

鎮痛剤で眠って受ける無痛内視鏡検査がおすすめ

正確な診断のため消化に配慮した食事セット