麻酔の種類と違い|全身麻酔(吸引・静脈)局所麻酔の長所短所

病気治療の回顧録



来院不要!自宅で完結!病院と同精度のがん検査が受けられる|血液検査ラボ

麻酔の種類と体感の違い

『麻酔』などのキーワードで検索してこのブログにたどり着いた方が知りたいのは

女性

全身麻酔って実際はどんな感じなの?

ではないでしょうか?

ということで早速、麻酔の種類とメリット&デメリットについて経験を元に超絶わかりやすく説明します。

局所麻酔

局所麻酔は:部分的に効かせる麻酔
意識の有無:手術中に意識あり
投与の方法:注射で痛み止めの薬液を注入する

メリット
・身体への負担は最も少ない
・下剤や浣腸による事前の排便が不要
デメリット
・薬液注入時に痛みを感じる
・意識があるから術中ずっと怖い
・感覚があるので痛い気がしてしまう
個人的感想
度々体験してますが、お気軽なせいか医者に緊張感が足りない気がする。一番印象的なのが『粉瘤』の切除の時。切ったり縫ったりしながらペラペラしゃべらないでほしい。ひょっとして、患部に意識が向かないように気を紛らわせてくれてるんだろうか?あれで気を使ってるんだとしたら、ちょっとやり方間違ってるぞ先生!

全身麻酔

全身麻酔は:全身に効かせる麻酔
意識の有無:手術中に意識なし
投与の方法:揮発性麻酔薬をマスクを装着し口から吸収する。麻酔が作用した後、気管内に管を挿入し人工的に呼吸を管理する。

メリット
・意識がないから術中の怖さや痛みはない
デメリット
・術後の吐き気・嘔吐が高い頻度で起こる
・気管挿管により口唇歯を損傷する場合あり
・約1,000人に1人の確率で術中覚醒あり
個人的感想
肺気胸の開胸手術と子宮内膜症の腹腔鏡下手術の時に使用。2回とも5カウントまで覚えてない。それくらいあっという間に意識消失。肺気胸の時、気管に挿管されたまま完全覚醒したのがトラウマ。三途の川が見えるほど苦しかった。

静脈麻酔

静脈麻酔は:全身に効かせる麻酔
意識の有無:手術中に意識なし
投与の方法:腕から麻酔薬を点滴で注入

メリット
・意識がないから術中の怖さや痛みはない
・基本的に気管挿管が不要
・合併症が少ない
デメリット
・点滴を打つ必要がある
・繊細な手術には不向き
個人的感想
子宮頸がんの円錐除去手術の時に使用。感想はさ、気持ち悪い。麻酔液が体に流れ込んでくるのがわかった。それで、強烈な乗り物酔いのピークが突然来たような、一瞬((ズンッ))てすごいGがかかったような感じで、((うわ、気持ち悪い!))、っておもった記憶があります。けど、思ったと同時でもう意識なし。それくらい効きが早かった。目覚めた後に吐き気や気持ち悪さは感じなかったです。
よっぱ
よっぱ

あくまでも私個人の感想です。

合併症

私は2016年に子宮内膜症の手術をうけて以降、ちょっとしたことで声がれを起こすようになりました。

飲み込む力も弱くなり、サプリメントなど上手く飲み込めなくてオエッとなってしまいます。

医者から原因は複合的と言われ、自分でも術後の免疫力低下と加齢であろうと思っています。

しかし、今回の記事を書くにあたって『麻酔の説明書』を読み返したところ、たまたま、全身麻酔の合併症で『嗄声(かせい)』というのを発見しました。

『嗄声(かせい)』声のかすれ
多くの全身麻酔では、気管挿管によって気道を確保しています。気管内に挿入されるチューブは生体組織への刺激が低い素材で作られていますが、術後に一時的にのどの炎症をお超すことがあり、痛みや声のかすれといった症状が現れます。ほとんどの場合数日間で軽快しますが、稀に声帯の動きが麻痺してしまい声のかすれや飲み込みづらさといった症状が長引くことがあります。このような場合は耳鼻咽喉科医による診察が必要となります。
(※2016年8月発行『麻酔説明書』より転載)

私のは・・・これとは関係なさそうですね。

要点まとめ

麻酔には局所麻酔と全身麻酔がある
全身麻酔には静脈麻酔と吸引麻酔かある
それぞれ長所と短所がある
全身麻酔には嗄声という合併症がある

その治療にいくらかかるかわかりますか?

病気治療の回顧録
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ