ストーカー被害の体験談|単なる友人が彼氏面で束縛し付きまとう

怖い体験・失敗談



在宅ワークで月収30万も可能!スマホでもok!在宅コールセンターの「コールシェア」

ストーカー被害を相談するなら
警察相談専用電話#9110へ

ストーカー被害の体験談

よっぱ
よっぱ

体験談をもとに実際のストーカー行為をお伝えするので参考になさってください。

ストーカーとなるAと私は単なるバンドのメンバーで、男女の関係など一切ありません。

私がバンドのメンバーになって以降、しばらくは直接口を聞くことも少なく連絡はギターのKを介していましたが、日を追って打ち解けるにつれコミュニケーションが粘着質なものに変わっていきました。

彼氏気取り

私には付き合っている彼氏がいましたし、それを隠したりしていませんでしたが、その彼をバンド仲間に紹介したり、見られそうな場所で連れ立って歩くことはしませんでした。

彼が他の連中みたいにAに振り回されるのを避ける為ですが、私がそうして常に一人でいるため、Aが徐々に彼氏面をみせるようになります。

まず、人前で必要以上に体に触れてくるようになりました。さも親しげに、まるで周囲に見せつけるかのように。

そして他の男性が私の側に近寄ると、チンピラ風情で威嚇するのです。

ライブの時など挨拶の為に声をかけようとしただけの他の出演者に対し、無言でメンチを切って遠ざけた後

A
A

おめーは見た目で舐められっからさー、俺のこと彼氏だって言っときゃいーんだよ!!

そう言うと私のいないところでも、あたかも自分が彼氏であるよう臭わせる発言や行動を繰り返したのです。

行動を束縛

そのうちAは私のバンド仲間の交遊関係を調べ、その付き合いに口出しするようになりました。

確かに始めは皆Aの紹介でしたが、暫くすればそこから派生した付き合いも生まれます。中にはAが面識のない人間もいるのですがAはそれを認めません。Aを介さない付き合いを許さないのです。

Aはどこで情報を仕入れるのか、

A
A

おい!おまえ一昨日○○たちと飲んでただろ!俺が知らないとでも思ってんのか?!なにやってんだよ!つかおまえ犯られんぞ!あいつおまえのこと狙ってんだからよ!

そんな感じでまくし立てます。

あとで聞いた話だと、私がよく飲んでた人達に度々電話をかけ、今そこに私がいないかどうか確かめていたそうです。

よっぱ
よっぱ

本当に単なるバンドメンバーですよ!

このような行動が繰り返される中、Aを彼氏扱いする知人も現れ、本人もその気を増していったと思われます。

知人型ストーカーへの対処の難しさ

そんなAの態度にかなりストレスを感じていた頃、なんと、突然Aに彼女ができました。

それまでのアパートを家賃滞納で追い出されたばかりだったAは、やり逃げるつもりでナンパした女が池袋で一人暮らしと知り、部屋に上がり込みそのまま居座ったのです。

その後、スタジオや飲み会にも頻繁に彼女が顔を出すようになり、人前ではAの彼氏面が控えめになりました。

しかし根本的には何も変わってはいません。

それなのに、私はAに彼女ができたことで不快に思っていたボディータッチや束縛は、ストーキングではなく強い仲間意識によるものだと自分に言い聞かせるようになりました。

するとそれを不快に思って避けるのは単なる自分の自惚れのようにも思われ、黙認するようになってしまったのです。

注意点まとめ

ストーキングの黙認は好意を持っていると相手に思わせ大変危険。

ストーカーに対する必要な情報を完全網羅した一冊