ゴシックホラー名作フランケンシュタイン漫画化【北沢しげる】夜歩く死体

ゴシックホラー名作フランケンシュタイン漫画化【北沢しげる】夜歩く死体怖いおすすめ漫画


北沢しげる【夜歩く死体】

北沢しげる【夜歩く死体】

出版情報

レモンコミック・恐怖コミック
『夜歩く死体』
・作者:北沢しげる
・1巻完結
・発行所:立風書房
・1977年発行
・定価350円

概要と主観

本日ご紹介は、北沢しげる作『夜歩く死体』。

こちらの題材はモダンホラーの大定番『フランケン・シュタイン』。

この作品もっすごい仕事が丁寧!!そして、なんだかと~っても生々しい。

例えばP102~P107でいちゃついてる男女。

女がけっこーなブサイク。

なんだけど身体がやたらいい女風にエロい!

よっぱ
よっぱ

エロいぞ!

P184~手術台に縛り付けられる半裸のヒロイン・アンナ。

中世ゴシック調下着でこれまた何だかムズムズとエロい!

よっぱ
よっぱ

エロ!!

そしてラスト。

日本映画なら「完」、香港なら「終劇」と

表示されそうなラストシーンで、さらに2ページ使って

人間に対する見識あるコメントまで書かれています。

それがこちら

人間は・・・
猿から進化したものだとしたら、
完全すぎるし。
神様がお創りになられたものだとしたら、
あまりにも不完全すぎる。
そして皮肉なことには、
人間は完全欲が強すぎる。
引用:『夜歩く死体』より

見所満載の一冊です。

あらすじ

うっそうとした森の中にたたずむ古い館。

そこである研究に没頭する男『フランケンシュタイン』

助手のピーターと小間使いのアンナ。

その三人のもとへある嵐の晩

旅の途中の老人が迷い込みます。

フランケン博士は老人を追い出すように言いますが

見かねたアンナとペーターの懇願によって

老人は一晩の宿を借りることができました。

身寄りのない老人はやさしいアンナをかわいがり

寂しい暮らしを送るアンナも老人を慕います。

そして二人が悲劇に巻き込まれていきます・・

 

怪奇幻想の世界なら『高橋葉介』も必見!


怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ