世界に誇るホラー漫画家!伊藤潤二の傑作デビュー作品【屋根裏の長い髪】

horror-manga10_e怖いおすすめ漫画


伊藤潤二【屋根裏の長い髪】

伊藤潤二【屋根裏の長い髪】

出版情報

ハロウィン少女コミック館
『屋根裏の長い髪』
・作者:伊藤潤二
・短編全7話
・発行所:朝日ソノラマ
・1990年発行
・定価400円

 

集録作品

・富江
・富江PART2=森田病院編
・顔泥棒
・バイオハウス
・睡魔の部屋
・悪魔の論理
・屋根裏の長い髪

 

概要と主観

世界に誇るジャパニーズホラーの鬼才

「伊藤潤二」先生👏👏👏👏👏

美しい男女に惚れ惚れし、醜悪な描写に寒気をおぼえ、随所に散りばめられたギャグにクスっと来つつ、はまりにはまった伊藤作品。ほとーに伊藤潤二さんの登場は衝撃でした。

前後の脈絡など一切お構いなし。
降って沸いたような超奇抜な発想で人々を虜にする『伊藤潤二』。

しかもそのミラクルな発想を、
表現することが出来得る画力を持ち合わせているところがまた凄い。

まさしく天が二物を与えた奇跡の人。

そんな伊藤潤二先生のデビュー作品が表題作の一冊です。

 

ハロウィン少女コミック館とは

『ハロウィン少女コミック』は、かつて朝日ソノラマが発行し、ホラーの新旗手を続々輩出した、少女向けホラー漫画雑誌の単行本です。

ひばり書房発行のひばりコミック、立風書房のレモンコミックがともに衰退していった後、ホラー界を担うニューカマーとして颯爽と登場しました。
 

作品ピックアップ

富江

シリーズ化され映画にもなった『富江シリーズ』の第一回作品。

魅せられると同時に何故か彼女を殺したくなるという、摩訶不思議な魅力を備えた美少女『富江』。

そして何度殺されても切られた場所から頭が生え、増殖再生するゾンビより質の悪い女『富江』。

 

よっぱ
よっぱ

伊藤先生の頭の中ってほんとどうなっているのだろう・・・

 

逆にこんなことでいっぱいの頭してながら普通の人間生活が送れるところがすごいです;;

 

顔泥棒

側にいるとその人そっくりに顔が変化する特異体質の女の話。

彼女は潜り込んだ高校で気に入った女生徒に付きまとっては同じ顔になり、飽きれば他の顔を選び次々に容姿を変えていきます。

それはある男子生徒の気を引く為でした。

男子生徒は元の自分に戻るよう促しますが、変身のスピードが増してしまった女は否応なく他人の影響を受けてしまい、元の顔に戻るには他人との接触を完全に断たなくてはいけません。

どうせ誰かに似てしまうなら美しい女生徒を選ぶ。そういって女は顔を盗むことを止めません。

そんな彼女に顔を盗まれ酷い仕打ちを受けた女生徒が、報復の為にある策を考えだします。

それは全員が仮面を付けるというものでした。

顔を盗ませない為の策と言いながら、これまでの仕返しとばかりに逃げる女を追いかけまわす生徒たち。

そして奇怪な仮面に四方を取り囲こまれた女の顔は、悲惨な変貌を遂げてしまうのでした。

 

悪魔の論理

この理論を知れば、幸せの絶頂でも迷いなく死ねるというお話し。

青春真っただ中の女子生徒。片思いの男子への告白が成功し有頂天。

これからデートに向かう途中、他クラスの女子生徒に呼び止められます。

そして突然今から自殺してくれと頼まれるのです。

当然相手にするはずがありません。しかし女は腕をつかんで勝手に話し続けます。

すると数分後、デートではなく屋上へ向かった女生徒は飛び降り自殺したのです。

 

よっぱ
よっぱ

自殺を考え、決意し、実行する瞬間まで、人間はどれだけ葛藤するのだろう。躊躇なく(あ、ちょっとトイレ)みたいに死ねる人など過去に要たのだろうか・・

 

屋根裏の長い髪

伊藤潤二の真骨頂。

完全なるホラー作品の中にあって、全体の雰囲気を壊さない絶妙な加減で、ところどころ『クスッw』と笑いを誘います。

でもホラーです。

 

怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ