昭和37年~40年の怖い漫画『墓をほる男・手袋の怪』水木しげる|ホーム社

昭和37年~40年の怖い漫画『墓をほる男・手袋の怪』水木しげる|ホーム社怖いおすすめ漫画


最後まで全話無料の漫画が満載!会員登録者数200万人突破|スキマ

『墓をほる男・手袋の怪』水木しげる

恐怖・貸本名作選
『墓をほる男・手袋の怪』
・作者:水木しげる
・短編全10話
・発行所:ホーム社
・1962~1965年発表作品集
・定価838円(税別)

作品もくじ

・墓をほる男
・髪
・永仁の壺
・手紙の怪
・鉛
・陸ピラニア
・半幽霊
・安い家
・怪忍
・草

おすすめポイント

管理人には大好きなネタがあります。それはエレベーターに纏わる話。

そう、まさに第一話「墓をほる男」。

何て言うかなぁ、トンネルもそうなんですけど、今いる世界とそうでない世界の狭間にいるような感じなんですよね。

そして(((もう戻れないかも)))って怖さがそこに詰まってるんですよ。

よっぱ
よっぱ

伝わったかな?

ピックアップ作品

墓をほる男

使用禁止のエレベーターに乗り、存在しない4階で買い物をした男の話。

よっぱ
よっぱ

そして最後はあの世逝き

エレベーター特集

この作品に似た感覚が味わえる、エレベーター絡みの作品を紹介します。

〇エコエコアザラク(古賀新一)第9巻・第1話「幻覚の非常階段」。
〇まだらの卵(日野日出志)第4話「地獄のエレベーター」これ必見!!
〇夢幻紳士・怪奇編(高橋葉介)第2巻・第四章「昇降機」。
〇地下2階の銀河(つじいもとこ)これもオススメ☆

〇漫画じゃないけど、世にも奇妙な物語の「屋上風景」。これも受ける感じが似てるなぁ、
〇映画だけど「CUBE」の後に収録されたショート作品で「エレベーター」。ラストにみせる主人公の不敵な笑みにゾクゾクします!

よっぱ
よっぱ

ぜひご覧あれ

怪奇漫画の奇才『日野日出志』は必見!



ブックオフの【ネット宅配買取】で不要な本・CD・ゲーム・DVDをまとめて売ろう!

怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ