乳がん検診の針生検は痛い!エコーやマンモとの違いと検査費用

病気治療の回顧録



来院不要!自宅で完結!病院と同精度のがん検査が受けられる|血液検査ラボ

乳がん健診

画像は定期健診の際に乳腺科の先生が、注意すべき箇所を書き出してくださったもの。

私は『乳腺症』であるため、このような心配のタネが貧乳のあちこちで勝手にできたり消えたりを繰り返します。

乳腺症とは、女性ホルモンの影響で乳腺に起こる変化の総称であり、乳腺症は病気ではないと言われます。

しかし乳房にしこりや痛みを伴うので、病気でないというのが何だか理解できません。。

『乳腺症』について詳しくは↓こちら↓

乳腺症だからといって乳がんリスクが高いわけでもないそうですが、乳腺症によってできるこのしこり達が乳がんにもみられる特徴であるため、乳腺症か乳がんかを見分けるのが難しくなってしまうのです。

このため乳腺症の女性の乳がん検診はより入念な検査が必要となります。

今回は超音波エコーによる乳がん検診で再検査となり、『針生検』をうけた時の模様とかかった費用をお伝えします。

それにしても貧乳の乳がん検診は痛い。

おっぱいが大きくても痛いのかも知れませんが、小さい方がより痛いです。

よっぱ
よっぱ

絶対そうだ!

超音波エコーとマンモグラフィー

乳がん検診では超音波検診(エコー)と
マンモグラフィーが一般的です。

しかし、乳腺症だとマンモグラフィーがあまり役に立ちません。乳腺が白い影になって問題箇所を見えにくくするのです。

そのため検査は基本的にエコー(超音波検査)で行い、マンモはエコーの結果に応じて補助的に2年に一回程度行われます。

超音波検診(エコー)は液体に強い
血液の流れなどをチェックするのが得意

マンモグラフィーは固体に強い
石灰化した病変を見つけるのが得意

エコーで経過を追いつつ、マンモグラフィーも織り交ぜ、さらにこの所見は念入りに調べた方が安全だなと思うものを先生が絞りこんで、次なる検査を行います。

それが『針生検』です。

針生検

この針生検にも2種類あって精度が異なります。

穿刺吸引生検

まずは『穿刺吸引生検』

よっぱ
よっぱ

『せんしきゅういんせいけん』と読みます

注射器で細胞を吸い出します。

 

採血の組織版といったところですが、採血とは違い病変部で針先をグリグリ動かします。
病変部のなるだけ広範囲から細胞を取り出したいからですが、これは当然痛いです。

医師
医師

痛いですよねー、ごめんなさいねー、はい、もうちょっとですよー、頑張ってださーい、

よっぱ
よっぱ

励ましてくれる優しい先生(笑

こんな感じですが、穿刺吸引生検では基本的に麻酔はしません。

局所麻酔にも注射が必要なわけですから、一回余分に針を刺す必要もないという考えからです。

よっぱ
よっぱ

我慢できなければ麻酔してもらうこともできますよ

その穿刺吸引生検でも結果が怪しいとなると、確定診断のために『コア生検』が行われます。

コア生検

『コア生検』では、太い針状の器具で病変部の組織を切りとります。

よっぱ
よっぱ

いや、ちぎりとる!

針の実際の内部構造はわかりませんが、体感からイメージするのは小型のマジックハンド。それで胸から組織を引きちぎられた感じがします。

他のサイトには、特殊な針を病変部に刺し込んで、回転させ組織の一部をねじり切る。と書いてあります。。

ねじり切る!ちぎり採る!

よっぱ
よっぱ

書いてるだけで痛くなってきた~💧

こんな感じなのでさすがに、コア生検では痛み止めの局所麻酔が行われます。

しかし麻酔が切れた後に患部がズキズキとしばらく痛かったので、そのつもりで・・・(よっぱの場合です)

コア生検に関しては何より、細胞を切り取る時にするあのバチンッ!って音が恐い!!!

しかも脂肪が薄いから衝撃がガツンッ!とダイレクトにあばら骨に響くんですよ、、

よっぱ
よっぱ

びっくりするから

それに出血もそこそこすると思われます。

恐いので確かめませんでしたが、何だか生温かい液体が背中に垂れてきて、それを看護婦さんが拭いてましたし、

それにその看護婦さん

医師
医師

はい、顔しかめないの!

と先生から注意を受けていましたから。

乳がんMRI検査

針生検の前に『MRI検査』という選択もあります。

面倒臭そうな印象があり私はまだ体験したことがありません。

小一時間も身動きがとれないうえ、検査費用も他に比べ高め。さらに、外せない金属類を身に付けている方や入れ墨がある方はうけられません。

かかりつけ医を持とう

私は会社の健康診断で乳がん検診が再検査となった時に、いきなりコア生検をされてしまいました。

経験を積んだ今にして思うと、あれは初見の医師が一回で白黒はっきりさせるために行ったものでしょう。かかりつけ医がいたなら、少なくとも穿刺吸引生検で済んでいたはずです。

信頼できる病院で小まめに検査する。
それが重要であると気づかされました。

そうしていれば、残念にも乳がんを発症した場合も初期で発見され、手遅れで死ぬことはありません。

通院治療に手厚い保険に加入

以上のように、これだけ手間がかかっている乳腺症なので今にも乳ガンになりそうな気がして、がん診断で支払免除になる保険に最近新たに加入しました。

よっぱ
よっぱ

願わくば早いうちに乳癌になって支払免除になりたいな~。なんちゃって、

また、乳がん治療では入院手術より放射線などによる通院治療が主流となっています。私もそこに重点をおいて保証内容を決めました。

保険は入りっぱなしではなく、現状に適した保証内容になっているか定期的に見直すことを、皆様にもおすすめします。

こんな乳腺症ですが先にも申しました通り

お医者さん
お医者さん

乳腺症だから乳がんリスク高め
ということではありません。

あくまでも、乳腺症か乳がんかを
見分けるのが難しいというだけ。

よっぱ
よっぱ

もう!何それ

切実に医療技術の向上が待たれます。

要点まとめ

乳腺症だからといって乳がんリスクが高いわけではない。

乳腺症は乳がんを見つけるのが難しい

乳腺症だとマンモグラフィーで癌をみつけるのが難しい

乳がん検診にはエコーやマンモの他にMRI検査や針生検がある

病気の苦労を減らす為かかりつけ医を持とう

保険の保証内容は定期的に見直そう

がん治療をしたのに『がん保険金』が支払われない!