乳房にしこりができて痛!乳腺症の原因はエストロゲン過剰分泌|乳がん検診(1)

病気の治療
Sponsored Links
よっぱ
よっぱ

こんにちは
よっぱ(@yoppa45)です。

小さなことから大きなことまで、ちょいちょい繰り返す痛い体験をブログに綴ってます。

今日のテーマは『乳腺症』

乳腺症がどういたもので、乳腺症だとどう辛いのかお話しします。

『ピル=避妊』だけじゃない。
女性の健康の為に『ピル』という選択。
Sponsored Links

乳腺症はしこりができて痛い

昔乳ガン健診で触診ってありましたが、
今もやるとこあるんでしょうか?

石ころだらけのわたしの胸は
自己診断なんて到底無理。

専門医でも判断しかねるっていうんだから、
触診なんてほんと意味がないです。

『乳腺症』である私の乳房には大小のしこりがいっぱい。
自分的には胸の中に小石や砂利が詰まってる感じです。

もまれると痛い

だから悲しいかな、
おっぱいをもまれると痛い;;

健康遊歩道
(素足で歩くと健康に良いという小石を敷き詰めた道)
そこを歩いてイテテテテ…ってなってる感じ。
あれに近いです。

ブラジャーが痛い

しこりのできる場所によっては、
ブラジャーのワイヤーがあたって痛い;;

しこりは勝手にできたり消えたりします。

このしこりが乳房の際にできたりすると、
あばら骨とワイヤーに挟まれてそりゃー痛い!

砂利をまいたコンクリートの上で正座してる感じだろう。

だったらノンワイヤーブラにしては?

と思われるかもしれないが、そこは貧乳の性。
どうしても

よっぱ
よっぱ

寄せ上げしたい…

だから、しっかりワイヤーブラが鉄板。
そこは譲れない。痛みより見栄が勝る。

乳がん検診が痛い

それにマンモグラフィーも
とーっても痛い!

ただでさえ脂肪が薄くて伸びが悪く、
皮膚が骨から引き剥がされそうに痛いのに、
小さな石つぶてを薄皮に挟んだ状態で
限界までプレスされるだから堪ったもんじゃない!

よっぱ
よっぱ

イッテテテテテ!!

汗と涙がにじみます;;

大きくてやわらかな胸だと、
しこりなんて脂肪のクッションに包まれて、
痛くも痒くも無いんだろうな。

マンモだって伸びが良くて大きな胸の方が明らかに楽そう・・・

よっぱ
よっぱ

不公平だ。

乳腺症ではなく、貧乳の嘆きになっちゃったよ;;

乳腺症の原因はエストロゲンの過剰分泌

乳腺症とは、乳腺に生じる変化の総称で、エストロゲン(女性ホルモン)の過剰状態によって発生されるといわれています。乳房に痛みが出たり、しこりや嚢胞(のうほう:水がたまっている袋状のもの)ができたりします。

つか、でた!『エストロゲン』。
そうか、乳腺症もこれのせいだったのか。

『子宮内膜症』もエストロゲンが関係しているんですよ。

よっぱ
よっぱ

つじつまがあって妙に納得。

エストロゲンにもリスクがある

美容関係の記述で
『きれいの源エストロゲンを増やせ!!』
なんてのをよく見かけますが、

まるでエストロゲンには良いことしかないみたいな書かれよう…。

エストロゲンがもたらすリスクも
ちゃと知っておいた方がいいと思います!

何でもバランスなんですよ。
片寄ると必ずどこかに皺寄せがくる。

と、乳腺症について書いてるうちに、
考えが深いところに行着いたりしてー。

以上です

なんだかんだしんどいですが、
お互い頑張っていきましょう。

ノンワイヤーノンストレスなのに寄せて盛れる

🔽