肺気胸の胸腔鏡下術|痛みや体への負担は少ないが再発率が高い

肺気胸の胸腔鏡下術|痛みや体への負担は少ないが再発率が高い病気の治療



在宅ワークで月収30万も可能!スマホでもok!在宅コールセンターの「コールシェア」

自然気胸の重症化で手術

自然気胸の重症化で手術

 

今でこそ肺気胸の手術は胸腔鏡という内視鏡(カメラ)を用いた胸腔鏡手術が主流となっていますが、昔は手術となれば開胸手術です。

手術に至るまでは、圧迫感からの呼吸困難といった多少苦しい思いはありつつも、痛い!と感じたことがほとんどないのに、治療の方がしんどくて割りに合わないと感じていました。

よっぱ
よっぱ

ほっといたらダメかな?

そうして病気自体に大した恐れもないまま、とうとう手術することになったんです。

よっぱ
よっぱ

えー、ほんとに手術するの?!

と思ってたら、翌朝早々に大学病院に移動。そしてその病院の滞在もたった半日。検査だけ済ませるとまた違う病院に移されその翌翌日には手術という慌ただしさ。

よっぱ
よっぱ

恐がる時間もありません

開胸手術までの流れ

そしていざ!人生初・全身麻酔で開胸手術

よっぱ
よっぱ

の前に筋肉注射

肩に射たれたこいつが思いもよらぬ痛さ;;岩盤に坑道を掘り進めるような感じ。メリメリメリメリ音がする!(気がする)

よっぱ
よっぱ

いったぁーい💢

それが終わると、いよいよストレッチャーに乗せられ個室から手術室に運ばれます。

ドラマでみる絵に描いたようなオペ室に到着。ストレッチャーから手術台に移されます。照明が眩しくて目が開けられません。そして吸引マスクをつけられると、10も数えず闇の中。。。

人工呼吸器を挿入したまま覚醒

人工呼吸器を挿入したまま覚醒

 

そして、目が覚めるとそこは病室。両親の顔が心配そうに覗いている・・・とばかり思っていたのに。うっすらと眩しい光が見えた瞬間

しい!
息ができない

至る所がチューブに繋がれたままの状態で手術台の上で意識が戻ってしまったのです。この眩しい光は病室のものではなく最後にみたオペ室のもの。まだ鼻にも喉にもチューブが詰まっています。

呼吸ができない!
このチューブを抜かないと息ができない!
けど麻酔が効いてて体が動かない!
自分じゃ抜けない!誰か抜いて!
苦しい!
苦しい!

よっぱ
よっぱ

死ぬッて!

正に糞尿垂れ流しの苦しさと恐怖

そんな私に向かって看護婦さん、

看護婦さん
看護婦さん

まだ外せませんからっ!!
息しないと死にますよ!!

私の記憶ではそう言われたことになってるけど、実際はどーだったかわからない。ただ、ほんの少し冷静になって喉と管の間にできた僅かな隙間を頼りに、ギリギリで息を吸ったのを覚えています。

チューブが外されるまでのあの数分間は私の人生で最も苦しい瞬間だった。死ぬまでそうであってほしい。あれより苦しい思いを生きてる間に2度と体験したくない。

全裸でストレッチャー移動

全裸でストレッチャー移動

 

チューブが外され呼吸が落ち着くといよいよはっき周りが見えてきます。

私は様々なチューブに繋がれ真っ裸の状態。その手足を数人の看護師たちにつかまれ『いっせ~の~せっ!』との掛け声と共にストレッチャーに移されます。その姿が我ながらまるで、ホロコーストで墓穴に投げ捨てられる遺体のようだと思いました。

よっぱ
よっぱ

もちろんそんな乱暴には扱われてません

手術室を出るまではシーツもかけてもらえず、素っ裸の自分を何人もの人が取り囲んでいます。恥ずかしいというか情けないというか、18の自分がまるで老婆の様に思われました。

よっぱ
よっぱ

早く人間になりたーい!

しかし人間らしい自分に戻るにはさらにもうひと試練、強~烈な痛い体験が待っています。さっきのが人生で最も苦しい瞬間だったのに対し、この後人生で最も痛い瞬間がやってきます。

よっぱ
よっぱ

ふぅー、マジしんど;;

《重要補足》
この手術から20年以上が過ぎ、子宮内膜症で手術した時にわかったことですが、ある程度の意思疏通ができてから気管チューブを抜くというのは正しい手順であり、私の場合も手術の真っ最中に目が覚めた訳ではないので、『途中で麻酔が覚めた』と言うのは誤解だったのです。

しかーし!子宮内膜症の手術の時は目が覚めた時すでに気管チューブは外された後でした。もしその前に意思疏通ができていてその記憶がないだけだとしたらそれこそ正しいタイミングであって、あんな風に管だらけで完全覚醒するのは

よっぱ
よっぱ

やっぱり麻酔の調整が甘かったんじゃないの??

と私は言いたい。実際そうであってほしい。でないと、手術の直後がもれなくあんなに苦しいなんて手術受ける勇気なくなりますよ。ほんと、

近年の気胸手術は胸腔鏡下術

何かの治療受ける度に思いますけど、医療ってほんとに日々進歩してるんですよね。実際、肺気胸手術も近年ほとんどが『胸腔鏡下術』で行われているそうですよ。実際、私の肺気胸の手術痕にほとんどの医者が食いつきます。

お医者さん
お医者さん

この大きな傷って気胸の痕ですか?へー

昔のやり方に驚いてんじゃないでしょうか。なんかリアクションがそんな感じなんです。今同じ手術したらきっともっとずっと楽なんだろうな。

よっぱ
よっぱ

たぶん、

私も医学の進歩に役立っているんだ!

よっぱ
よっぱ

きっと、

だから、この後中途半端な処置をして私に地獄の苦しみを与えた医者も、それを教訓に成長したと思いたい!

医師
医師

しかし、気胸の胸腔鏡手術は開胸手術に比べ再発率が2~5倍も高いです。

要点まとめ

現在の医学では自然気胸のほとんどは胸腔鏡下術で直る
胸腔鏡下術は開胸手術に比べ痛みや体への負担は少ない
気胸の胸腔鏡手術は開胸手術に比べ再発率が2~5倍も高い

その治療にいくらかかるかわかりますか?

病気の治療
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ