北沢しげる『夜歩く死体』立風書房|昔の怖い短編漫画(53)

怪奇漫画のカルトな世界
Sponsored Links

最後まで全話無料の漫画が満載【スキマ】

会員登録者数200万人突破!
Sponsored Links

作品情報

レモンコミック・恐怖コミック
『夜歩く死体』
・1巻完結
・発行所:立風書房
・1977年発行
・定価350円

おすすめポイント

本日ご紹介は、北沢しげる作『夜歩く死体』。こちらの題材はモダンホラーの大定番『フランケン・シュタイン』。この作品もっすごい仕事が丁寧!!そして、なんだかと~っても生々しい。

例えばP102~P107でいちゃついてる男女。女がけっこーなブサイク。なんだけど身体がやたらいい女風にエロい!

よっぱ
よっぱ

エロいぞ!

P184~手術台に縛り付けられる半裸のヒロイン・アンナ。中世ゴシック調下着でこれまた何だかムズムズとエロい!

よっぱ
よっぱ

エロ!!

そして、日本映画なら「完」。香港なら「終劇」と、いかにも表示されそうなラストシーンの後で、さらに2ページ使って人間に対する見識あるコメントまで書かれています。それがこちら!

人間は・・・
猿から進化したものだとしたら、
完全すぎるし。
神様がお創りになられたものだとしたら、
あまりにも不完全すぎる。
そして皮肉なことには、
人間は完全欲が強すぎる。

見所満載の一冊です。おすすめ。

ブックオフ【公式】宅配買取サービス