諸星大二郎『天崩れ落つる日』創美社|昔の怖い短編漫画(48)

怪奇漫画のカルトな世界
Sponsored Links

最後まで全話無料の漫画が満載【スキマ】

会員登録者数200万人突破!
Sponsored Links

作品情報

JUNP SUPER ACE『天崩れ落つる日』
・短編全19話
・発行所:創美社
・1997年発行
・定価800円

作品もくじ

《PART1》ゼピッタの気ままな旅
・天崩れ落つる日
・コンプレックス シティ
・広告の町
・わたしは快になりたい
《PART2》怒々山博士の学問への情熱
・ど次元世界物語
・逆立猿人
・怪談 竜の足跡
・陽はまた昇る
《PART3》シマ男とその他の風変わりな人たち
・シマ男の逆襲
・コルク栓のある死体
・郵便ポストはなぜ赤い
・シマ男の復活・辛口怪談
・毒を食らわば―麒麟料理のおいしい食べ方―
・奇妙なレストラン
・真夜中の会合
・客船セント・ピーター号上の昼食会
・4コマごっこ
・アリゲーター

おすすめポイント

珍しくお気楽な作品をチョイス。諸星大二郎『天崩れ落つる日』。ほとんどがナンセンス漫画です。お気に入りは『ゼピッタシリーズ』。読んでると開放的な気分になれます。

ナップサック1コ背負って旅をする女ゼピッタ。行き先も、食う飲む寝る、男も行き当たりばったり。

よっぱ
よっぱ

いいな~

ゼピッタには愛がないのよ。愛着がないと心底自由でいられると思う。他者を必要としないからね。羨ましい。けど無理。真似できない。何にも囚われることなく自由に生きるって、

よっぱ
よっぱ

自分には怖くてできない

作品ピックアップ


『辛口怪談』
これ、淡々としてるのに妙に後を引く。こういうのとても好きです。

💬各作品共シリーズといっても作数は少なくこれっぱかし。ほんとモロ先生ってコンスタントにシリーズ書き上げませんよね。それについて先生自身があとがきでしつこく言い訳していますので、

よっぱ
よっぱ

ぜひ最後までお読みください

ブックオフ【公式】宅配買取サービス