やすだたく『ミイラが呼ぶ夜』立風書房|昭和の怖い短編漫画


最後まで全話無料の漫画が満載!会員登録者数200万人突破|スキマ

作品情報

レモンコミック・恐怖シリーズ
『ミイラが呼ぶ夜』
・1巻完結
・発行所:立風書房
・昭和57年発行
・定価390円

おすすめポイント

実際に順位付けなどしたことがないので適当言いますが、とにかく人生ベスト10…30、いや20には入る一冊。

チープなタイトルとカバーデザインからは想像できない、この時代吐き捨てるように出版されたやっつけホラーとは一線を画す秀作です!

残念ながら『やすだたく』作品の購入サイトがみつからなかったので、誘拐・監禁関連の書籍のリンクを張っておきます。

作品ピックアップ

大まかなストーリーは、

剥製づくりが趣味の犯人が、幼くして亡くなった妹の亡骸をミイラにし、その友達にしようと、小学生の主人公を誘拐するといったお話。

囚われの主人公が必死で知恵と勇気を振り絞り、子供ながらに犯人と渡り合う様子が絶妙なタッチで描かれています。

中でも、P75~P78の恐怖の描写は当時革新的!と自分は感じています。

そしてラストP189の一節。これが秀逸!

もうすぐ秋……
私…
みの虫のように小さなからの中に
とじこもりたい…………
引用:『ミイラが呼ぶ夜』より

この〆が!作品の品格を格段に押し上げています!!

恐怖と、憎しみと、哀しみが混じりあったセメントで塗り固められたような、例えようもなく苦しい絶望的な気持ちになれますよ。

しかし、どんなにつらくても、自分にがっかりするほど早く、笑える時ってやってくるんですよね・・

よっぱ
よっぱ

人って上手く造られたものです

美しき怪奇幻想の世界の『井上宣』も必見!



ブックオフの【ネット宅配買取】で不要な本・CD・ゲーム・DVDをまとめて売ろう!