いけうち誠一『呪いのかつら』壱番館書房|昭和の怖い短編漫画

怪奇漫画のカルトな世界


最後まで全話無料の漫画が満載!会員登録者数200万人突破|スキマ

作品情報

恐怖ロマン
『呪いのかつら(ヘア・ウィッグ)』
短編全4話
発行所:壱番館書房
昭和57年発行
定価380円

作品もくじ

・呪いのかつら
・檻
・霊界のささやき
・小ちゃくなあれ

おすすめポイント

タイトル作品が『呪いのかつら』なので、カバーデザインなどこのような仕上がりとなってしまったのでしょうが、

これではこの一冊の凄さが全く伝わりません!

怪奇幻想系漫画に的を絞って読み続けた私からしてこの作品は、絶対手放せない超一級品のホラー漫画です。

相当に体力を消耗する、恐ろしく中身の詰まった作品。

よっぱ
よっぱ

幸運にも手に入れる機会に恵まれたら、必ずものにしてください。

作品ピックアップ

呪いのかつら

出典:『呪いのかつら』より

夜道を帰宅途中の主人公は偶然空き巣と遭遇、その空き巣から盗んだかつらを渡されます。

空き巣を追ってきた被害者の老婆にかつらを返そうとしますが、気づくと姿が見えなくなっていました。

しかたなくかつらを自宅に持ち帰りますが、老婆が言っていた『美しくなるかつら』という言葉が気になり、試しにそのかつらをかぶってみます。

すると・・不思議と自分がとても美しくみえたのです。

翌日、警察へかつらを届けるため自宅を出ようとした彼女は、夕べの自分を思い出しかつらを身に付けてしまいます。

道行く彼女を行き交う人々が羨望の眼差しで見つめる。。

返さなくてはいけないかつらでしたが、彼女は警察の前を素通りしてしまいます。

その直後、彼女の身にさらにかつらが手離せなくなる出来事が・・

よっぱ
よっぱ

美と男への執着は女の抗えない性なのか、

『容姿コンプレックス系』でおすすめの作品
谷間のユリ(楳図かずお『映像』第二話)

両親を亡くしたは、はじめて会う叔父とその妻と息子の三人で高台の洋館で暮らすことになります。

しかし、7歳だという息子のみちおは子供とは思えぬ異様な雰囲気を湛えていました。

何とかみちおと打ち解けようとしますが、みちおの嫌がらせは続き、叔母からは余計な事をしないよう忠告されてしまいます。

冷たい叔母とみちおとの生活は辛く、やがて優しい叔父と恋仲になります。

叔父にこの館を出ようと持ち掛けますが叔父は我慢してくれと言うばかり。

そんな日々の中、とうとうみちおの正体とみちおと叔母との信じがたい関係を知るのです。

霊界のささやき

出典:『霊界のささやき』より

心霊体験記です。
家族と共にあるアパートに引っ越した主人公。
そこは前の住人が行方不明となっているといういわくつきでしたが
そこで暮らすうちに主人公の体に異変がおこります。
何もしていないのに指先が酷く痛み、どんどん悪化し化膿していったのです。
よっぱ
よっぱ

この『霊界のささやき』を読んで以来、閉じ込められる系が苦手になりました。そこに追い討ちをかけたのが、成毛厚子さんの『幽霊ごっこ』。表作品とも完全にトラウマです。

『地中監禁系』でおすすめの作品
幽霊ごっこ(成毛厚子『闇からの誘い』第三話)

小ちゃくなあれ

出典:『小ちゃくなあれ』より

最恐最悪!昭和カルトホラーの傑作。
この作品は、ある少年の手記を漫画にするよう作者が編集者から依頼されたものであるとされています。
その内容は正しく醜悪の極み。
『小ちゃくなあれ。小ちゃくなあれ。』
無邪気に聞こえるこの言葉で小さくした人々を、殺していく際のその描写が凄いです。
呪いつながりで『好美のぼる』も是非ご覧ください!



ブックオフの【ネット宅配買取】で不要な本・CD・ゲーム・DVDをまとめて売ろう!