井上宣『闇よ、集え!』朝日ソノラマ|昔の怖い短編漫画(32)

怪奇漫画のカルトな世界
Sponsored Links

最後まで全話無料の漫画が満載【スキマ】

会員登録者数200万人突破!
Sponsored Links

作品情報

怪奇と幻想のこわい本
“HALLOWEEN COMICS”
『闇よ、集え!』
・短編全9話
・発行所:朝日ソノラマ
・昭和61年発行
・定価380円

作品もくじ

・吸血病棟D1
・リリアンの哀しみ
・HESPERUS(宵の明星)
・迷宮行
・サンタクロース
・角を曲がる恐怖
・闇よ、集え!
(GATHER DARKNESS)
第一話 闇の中の顔
第二話 さいころ遊び
第三話 闇の来訪者

おすすめポイント

満を持して、ものすっごく大好きな一冊をご紹介!井上宣さん「闇よ、集え!」

わたくし、井上宣さんの描く女性の顔が最も好きかもしれません!あと、まつざきあけみさんと、伊藤潤二さんと、吉野朔実さんと、成毛厚子さんと、と、と、

作品ピックアップ

『迷宮行』
P44P52 呪われた美神の濡れた眼差し。そしてP54 囚われ死にゆくヴェスパー・ダインの恍惚の表情・・・

よっぱ
よっぱ

美しい

『さいころ遊び』
主人公がいるのは精神病の入院病棟。心が壊れた主人公は一日中ベットの上で寝たり覚めたりを繰り返す。夢の彼女は事実と異なり生き生きと青春を謳歌する。

あたし…………
夢のほうが現実で、
今こうしているあたしが
夢なんじゃないかって思うこと……
あるのよね(本文より)

目覚めた彼女は現実におびえ、またすぐ夢に戻っていくのでした。

『角を曲がる恐怖』
人生の終末を迎え死が目の前に迫った時、人は何を思うのか。

幼かった日 歩いている時
ふと その先の角を曲がることに
恐怖をおぼえた。(本文より)

迫り来る自身の死を、人生の中で進むことができなかった曲がり角に準えて、今度こそ躊躇しないで角を曲がろう!しっかりと自ら死に臨もうとする、老婆の心の物語。

どちらも怪奇幻想などでなく、とても身近に感じられ、それがとっても怖いです。

採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト

楽しいバイトをみつけよう【マッハバイト】