ペットが熱中症で死亡|暑さに弱いハムスターを夏の室内に放置

怖い体験・失敗談



目の疲労感の軽減にも働きかけ手元のピント調節力をサポート!ファンケル公式『えんきん』

真夏に突然の外泊

猛暑日が続いたある年の8月、仕事中の事故で突然父が亡くなり、通夜も葬儀もゆかりのお寺で行うため、翌日から2日間自宅を空けることになりました。

この時困ったのがペットです。

猫たちは元々、仕事に出る日中は外に出していたので(田んぼだらけの田舎町)、車庫に食事だけ用意して屋外に放つことにしました。

そして、飼い出したばかりのハムスター1匹をどうしたらよいが迷い、今日明日2日間のことだからと、風通しのよい2階の廊下にケージを置いて出たのです。

ハムスターが熱中症で死亡

自宅は2階建てプレハブ住宅で2階屋根部分は全てベランダという構造。しかも外装が真っ白。

ベランダはまるで太陽光発電ばりに熱を集めました。

閉め切った室内の温度が上がる条件をこれでもかと満たしていたのです。

その家の中で暖かい空気は上に行きます。そして階段は家の中央に位置し1階の熱を2階へ逃がす煙突のような役目を果たしていました。

思えば2階へ上がる時ちょうど階段の真ん中で、まるで熱い空気の層に首を突っ込むような感じがしたものでした。

それでもその時は、家の中で一番風が流れる場所だからと、その階段を上がったところにあるタンスの上にケージを置いたのです。

しかし風が通るのは窓を開けていればのはなし。今から一家で葬式にでかけるのに窓を開け放っていくはずがありません。

密室にしたうえ最も熱の籠る場所で、逃げられないケージの中に入れて置いて出てしまったんです。

室温管理の知識不足が原因

葬儀後、自宅に戻り2階にあがる途中、ギクっとして足が止まりました。

タンス周辺にはエサやチップが散々にまき散らかされています。それなのにケージからは全く音がしません。

その様子で一瞬にして悟ります。長い時間そこから動くことができませんでした。

よっぱ
よっぱ

どれほど苦しんだのだろう。本当にごめんなさい。

生き物を飼育するのであれば、生態を熟知して適した環境で育てること。食事・室温などには十分お気を付けください。

要点まとめ

ハムスターは暑さにとても弱い

熱中症からペットを守る

怖い体験・失敗談
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ