古賀新一『血が欲しいヒルが吸いつく』ひばり書房|昭和の怖い短編漫画

怪奇漫画のカルトな世界


最後まで全話無料の漫画が満載!会員登録者数200万人突破|スキマ

作品情報

ひばりヒットコミックス怪談シリーズ
『血が欲しいヒルが吸いつく』
・短編全2話
・発行所:ひばり書房
・1986年発行
・定価380円

作品もくじ

・血が欲しいヒルが吸いつく
・餓鬼

おすすめポイント

表題作「血が欲しいヒルが吸いつく」は私に言わせると駄作。
古賀先生は振り幅が広いです。怪奇漫画ブームの真っ只中で多忙を極め、やっつけ作品を乱発したのかと思われます。

しかし同時収録されている「餓鬼」が凄いよ。

作品ピックアップ

血が欲しいヒルが吸いつく

身体の弱い母親は祖母から秘密の治療をうけていましたが、それは蛭に身体の悪い血を吸わせるという荒療治でした。そのせいで蛭人間と化してしまいます。

よっぱ
よっぱ

蛭人間。。奥深さの欠片もない💧

餓鬼

出典:『餓鬼』より

継母が連れ子を疎んじ殺してしまう話。
連れ子のいる男と結婚した若い嫁さんが

女性
継母

子供こんなに手がかかるとは思わなかったわ

と言って、その子供と

女性
継母

子供が一人で寂しいだろうから

などとぬかして妊娠した飼い犬を、もろとも住んでるマンションの地下室に閉じ込めほったらかしにします。

出典:『餓鬼』より

よっぱ
よっぱ

監禁したうえ餓死させようと目論んだのです

飢えた極限の状態で、子供は生まれた子犬に、母犬は子犬を守ろうと子供にと数珠つなぎに食らいつく。

出典:『餓鬼』より

まさに地獄絵図・・・

ネグレクトで殺された子供のニュースをみると、この作品と日野日出志の『白い世界』を思い出します。

昭和ホラーブームの牽引者『楳図かずお』も必見!



採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】