昭和63年の怖い漫画『海竜祭の夜・妖怪ハンター』諸星大二郎|ジャンプスーパーACE

昭和63年の怖い漫画『海竜祭の夜・妖怪ハンター』諸星大二郎|ジャンプスーパーACE怖いおすすめ漫画


最後まで全話無料の漫画が満載!会員登録者数200万人突破|スキマ

『海竜祭の夜・妖怪ハンター』諸星大二郎

JUNP SUPER ACE
『海竜祭の夜・妖怪ハンター』
・作者:諸星大二郎
・短編全9話
・発行所:創美社
・1988年発行
・定価800円

作品もくじ

稗田礼二郎のフィールド・ノートより
(あるいは妖怪ハンターと呼ばれた男の手記)
・海竜祭の夜
・ヒトニグサ
・黒い探究者
・赤い唇
・生命の木
・幻の木
・花咲爺論序説
・闇の中の仮面の顔
・肉色の誕生

おすすめポイント

『異界録』を手にして以来すっかり虜となり、一番所蔵が多い諸星先生の作品ですが、中でも外せないのがこちら!

『稗田礼二郎シリーズ』

神話、昔話、伝説、神、鬼、魔物、妖怪・・・。それらを事実として紐解いていくストーリー。

このシリーズにはまるあまり、世界の神話集、日本神々の系図まで購入しちゃいました。

頭の中で散り散りに存在する、断片的な知識や情報が関連付けられ、何かしらの答えを持った時に沸き上がる、あの得も言われぬ快感!

よっぱ
よっぱ

興奮する!

ピックアップ作品

海竜祭の夜

平家物語の安徳天皇を題材とした話。

わずか八歳で海に崩じた安徳天皇が海竜となり、無邪気な笑顔で一ヶ村を壊滅に導く。

ヒトニグサ

山中に生えた人の形をした植物の話。

人の養分を吸って育ったヒトニグサはその人に姿が似るのだという。

そんな伝承の残る山村に暮らす嘉一という男には悪い噂が絶えなかった。

黒い探究者

『古事記』が実は呪術書で、古墳が黄泉の国の入口だとする説を解明するお話です。

生命の木

日本神話・民間伝承に隠された真実に迫る大作。

よっぱ
よっぱ

『生命の木』『幻の木』『花咲爺論序説』は読み切りですが、ストーリーが繋がっていて、別冊の『天孫降臨』へと続いていきます。

闇の中の仮面の顔

リングワンダリングによって迷い込んだ異世界で人を殺めてしまった男の話。

それは夢幻であったはずなのに、殺した男の父親が毎夜夢に現れる!

時空を超えて放たれる呪詛の言葉『トコイ、トコイ…』。

そして男は死に近づいていく。

怪奇漫画のパイオニア『水木しげる』も必見!



ブックオフの【ネット宅配買取】で不要な本・CD・ゲーム・DVDをまとめて売ろう!

怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ