昭和56年の怖い漫画『悪魔つきの少女』鬼城寺健|レモンコミック

昭和56年の怖い漫画『悪魔つきの少女』鬼城寺健|レモンコミック怖いおすすめ漫画



国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!無料立ち読みも豊富|イーブックジャパン

『悪魔つきの少女』鬼城寺健

レモンコミック・恐怖シリーズ
『悪魔つきの少女』
・作者:鬼城寺健
・1巻完結
・発行所:立風書房
・1981年発行
・定価390円

おすすめポイント

本日は鬼城寺健さんの『悪魔のつきの少女』をご紹介します。

これは、特に何が良いという事もないのですが、とにかくどっぷりはまっていた幼い頃、大事にしていた一冊なので手放せないだけですかね。

居間には絶対何かやってくれそうな存在感抜群の能面。そして夜になると能面の(なぜか)鼻からエクトプラズム。

なめくじグラタンにミミズパスタ。そんなゲテモノフルコースをガツガツいただくディナーなどなど。。

幼少期にはかなりインパクトのある描写が次々登場します。

つか、お面って全部怖いですよね!ひょっとこですら深夜の床の間でみたら怖いでしょ。

このお話も、とにかく“能”という未知なる世界とホラーがあいまって怖かったです。

よっぱ
よっぱ

著者の名前も怖かったです

ピックアップ作品

主人公はJK聖子。

自宅を新築する際、地中から能面が掘り出されます。

父親は能面を気に入り居間に飾りますが、その面、実は戦国時代の殿様の怨念が宿っていたのです!

その怨念は家族で一番か弱い聖子にとりつきます。

エコエコアザラクの『古賀新一』も必見!


1ポイント=1円でポイント交換先も豊富です☆お小遣い稼ぎアンケートサイト|マクロミル

怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ