鬼城寺健『悪魔つきの少女』立風書房|昔の怖い短編漫画(36)

怪奇漫画のカルトな世界
Sponsored Links

最後まで全話無料の漫画が満載【スキマ】

会員登録者数200万人突破!
Sponsored Links

作品情報

レモンコミック・恐怖シリーズ
『悪魔つきの少女』
・1巻完結
・発行所:立風書房
・1981年発行
・定価390円

おすすめポイント

本日は鬼城寺健さんの『悪魔のつきの少女』をご紹介します。

主人公はJK聖子。自宅を新築する際、地中から能面が掘り出さます。父親は能面を気に入り居間に飾りますが、その面、実は戦国時代の殿様の怨念が宿っていたのです!その怨念は家族で一番か弱い聖子にとりつきます。

といったもの。

これは、特に何が良いという事もないのですが、とにかくどっぷりはまっていた幼い頃、大事にしていた一冊なので手放せないだけですかね。

なめくじグラタンにミミズパスタetc…そんなゲテモノフルコースをガツガツ美味しくいただくディナー。

よっぱ
よっぱ

オエッ、

居間には絶対何かやってくれそうな存在感抜群の能面!そして夜になると能面の(なぜか)鼻からエクトプラズムなどなど!幼少期にはかなりインパクトのある描写が次々登場します。

お面って全部怖いですよね!!ひょっとこですら深夜の床の間でみたら怖いです。このお話も、とにかく“能”という未知なる世界とホラーがあいまって怖かったです。

よっぱ
よっぱ

著者の名前も怖かったです

採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト

楽しいバイトをみつけよう【マッハバイト】