子宮内膜症との付き合い方|辛い痛みと症状が伝わらないストレス

子宮内膜症
Sponsored Links
よっぱ
よっぱ

こんにちは

よっぱ(@yoppa45)です。

今日は『子宮内膜症との付き合い方』について。

ある日突然、自分の中に降って湧いたように現れた『子宮内膜症』。

まるで通り魔にいきなり暴行され、その後も後遺症に苦しみ続けるような、理不尽な病気。

この子宮内膜症との付き合い方の難しさを、並べ立てていきたいと思います。

解決策などありません。

ただの愚痴ですが、同じ境遇の人たちと共感できれば、少しは気休めになるじゃないですか。

それだけのブログです。

よっぱ
よっぱ

だって辛いんだもん💦

いつものご飯が糖質・カロリー50%カットに! お米と一緒に混ぜて炊くだけ!

こんにゃく一膳の詳細はこちら

Sponsored Links

辛い痛みと症状が伝わらない

妊婦と子宮内膜症患者

同僚の奥さんが出産しました。

彼はすでに一週間以上出社していません。ミーティングなどをテレワークで済ませ、奥さん子供に付きっ切りです。

そして皆が口を揃えて言います。

女性

出産は大変だから

女性

旦那さんがそばで支えてあげないと

男性

しばらくは仕方ないよね

男性

みんなで助け合おう

私には妊娠も出産も経験がない為、その真の辛さはわかりません。

けど、あんな大きな塊を、狭い股の間から、麻酔もなしで、産み落とすのだから、そりゃ相当に痛いでしょうよ。

お察しします。労る気持ちはあります。

しかし、心の裏側で密かに思うこと。決して口にはしない本音。

もちろん大変は大変に決まってますけど、けどそれ全て自ら望んだことではないですか・・

よっぱ
よっぱ

やはり子供って切り札は大きいな

大きなお腹や生まれる子供って物理的な存在が、目に見えて大変そうで伝わりやすくていいなぁー。

子宮内膜症は、体の中で陣痛またはそれ以上と言われる痛みが起こっているのに、それが外見じゃ何も伝わらない。

婦人科の病気は軽視されやすい

怪我人と子宮内膜症患者

同僚が仕事中に怪我をしました。

仕事を抜け病院へ行き縫合処置をして戻ってきましたが、包帯をしたその手では接客もさせられず、パソコンも上手く打てず、あまり仕事にならない日々が続きました。

しかし皆が口を揃えて言います。

女性

傷が開くといけないから無理しない方がいいよ

男性

治ったら頑張ってもらうから!今は休んだ休んだ笑

事故ったり、殴られたり刺されたりしても、傷口や出血がこれまた目に見えてわかりやすく痛々しいので理解されやすい。

子宮内膜症は、体の中で勝手に内膜が剥離して傷口をつくり出血が起こっているのに、傷は見えないし血も外には流れて出ていかなので、やはり見た目じゃ何も伝わらない。

伝わらないことによるストレス

子宮内膜症では、まさに陣痛や大けがに匹敵する強烈な痛みを体験するにも関わらず、その様子が外見からはまったく伺い知ることができないため、患者がその痛みに見合った労りを受けることは、まずもってないです。

よっぱ
よっぱ

断言できる、ない!

良くて『生理って大変ね。』って感じです。そう、生理と混同されるのがやっかいなんです。

生理は生理が起こるべき場所で起こっているんです。それでも痛くて鎮痛剤飲んだりするんですよ。

だったら何の関係もない、子宮以外の腸壁や内臓で剥離出血なんかしたら、

よっぱ
よっぱ

そんなのただ痛いなんかで済むわけないだろう!

これの想像がなぜできないのだろう?

普通に考えて思いつく例え。これって拷問じゃないですか? 大げさじゃなくて。拷問。

何の不注意も不摂生もなく、当たり前の生活の中で、突如はじまる拷問放置プレー。

いつもこんな風に想像するんですよ・・・

子宮内膜症で痛みを感じさせる物質『プロスタグランジン』が分泌される時に、破水や吐血みたいに外へ向けた合図のような現象が起きるといいなって。

女性

あ!〇〇さん発症してる!大変休ませなきゃ!横になって、早く、、

よっぱ
よっぱ

ピークが過ぎるまで小一時間ほどかかると思いますが、すいません、その間よろしくお願いします。

男性

よし!わかった!大変だね!痛みは代わってあげられないけど仕事は任せて!辛いだろうけど頑張ってね!!

こういうんだったらいいなあ・・。なんて、つい非現実的なことを妄想してしまうのでした。

子宮内膜症との付き合い方

上司や同僚、パートナーからの理解が得られない人。この病気の辛さが上手く伝えられない人。

この辛さをわかって欲しい。もう少しいたわってくれてもいいのに。

そう考える気持ちはとてもとても分かります。

しかし・・

真に他人の立場で考えるなんて無理なんです。結局自分中心で考える事しかできないんだから。

私だって今、妊婦さんや怪我人を子宮内膜症よりマシだろうってスタンスでブログ書いちゃってますけど、自分がその当事者になった時は、負けじと大変アピールすると思いますよ。

ところが・・

同じ患者になったとしても、その時の各自の条件に応じて、自分の方がより辛い、いや私の方が辛いと、優劣つけてしまうんですよ。

そんなものなんです。。

そんなことを考えながら、自分がそれほど他人に対し理解があるのか、わが身を振り返ってみると少し諦めが付きやすくなりました。

よっぱ
よっぱ

やっぱり、破水か吐血みたいな合図が欲しい・・笑💧

要点まとめ

伝わらないストレスはお互い様の気持ちでやり過ごそう👍

月経管理器具があなたのトラブルを解消します