治らない乗り物酔いは匂いも原因|おすすめ市販薬と大人の防止策

悩める心身の不調



体臭・加齢臭などに本気でお悩みなら「いい快互服ドットコム」

乗り物酔いは匂いも原因

私は近年、加齢と口呼吸によるドライマウスの不快感に悩んでいますが、そもそも私の口呼吸は子供の時に意識して矯正したものなんです。

よっぱ
よっぱ

鼻から息を吸わないように努力したんです

なぜわざわざ口呼吸にしたかというともちろん、乗り物酔いが辛かったから。

乗り物酔いのは、揺れの前に臭いがかなり大きいな原因となっています。

中でも辛かった観光バスや小型船は何よりあの独特の臭い、ガソリン・軽油・エンジンオイル、極めつけは昭和車両の定番だった芳香ビーズ。あの特有の臭いがとんでもなく苦手でした。

そして子供の時からしこたま酔ってきた経験が臭いの記憶と結び付いて、条件反射で気持ちが悪くなる。

車に乗った途端に酔う『途端酔い』は精神的なことも原因しているんです。

よっぱ
よっぱ

パブロフの犬現象

柔軟剤などによる体調不良が増えてます

酔い止め対策

結論をいうと、乗り物酔いは大人になっても治りません。回避する為のこれといった決め手も残念ながら見つかっていません。

しかし参考までに、これまで試した市販薬や予防法の効果について、そして今のところの私的最善策をお伝えします。

効果がなかった予防対策

・空腹を避ける
・食べ過ぎを避ける
・車内最前列
・タイヤの真上の席には座らない
・エンジン近くの席には座らない
・遠くを眺める
・おしゃべりし続ける
・ツボを押す
・酔い止めリストバンド
・酔い止めメガネ
一般的におすすめされている対策は、とうにどれも試してます。しかしこれらの対策は防止の決め手になりません。
よっぱ
よっぱ

メガネは余計に酔うぞ!

三半規管を鍛えるなどという記事もよく見かけますが、生まれ持った体質なので根本的な解決にはならないと感じました。

おすすめ市販薬と防止策

私の場合、一番効果的な対策は横に寝転がってしまうこと。

後部座席で真横になれればベスト。そうでなくても事情を説明して、可能な限り背もたれを倒し体を横にします。

そして感覚が曖昧になる『ほろ酔い状態』は、リラックスもできて酔い止め防止にとても効果的なので、プライベートなら必ず乗車前にちょっとお酒を飲むようにしています。

よっぱ
よっぱ

寝てしまえたら完璧です!

酔い止め薬も、乗り物に乗る予定のある日の朝には必ず飲むようにしています。

正直飲んでも酔いますが、おまじない感覚で毎回服用しています。

大人の乗り物酔いに最も効果のある対策
『薬飲んで酒飲んで横になってウトウトする』
結局これが一番効果ありです。

飲み薬を選ぶ時は1日1回1錠で効くと書かれたものがおすすめですよ。

よっぱ
よっぱ

お出掛け前に忘れず服用することができます

酔ってからでも効くと書かれた薬もありますが、私の場合少なくとも酔ってからでは手遅れです。

忘れず飲めるから1日1回1錠で効くのがポイント

要点まとめ

乗り物酔いは匂いも原因
一般的な対策は気休めがほとんど
車内では寝転がって頭を横にする
リラックスできて感覚が鈍くなるほろ酔いは酔い止めに効果的
酔い止め薬は1日1回1錠で効果のあるものを選ぶ

セロトニン・メラトニンを増加させ睡眠の質を向上