日本屈指のオカル少女漫画家【松本洋子】おすすめ黒のシリーズ傑作3選

日本屈指のオカル少女漫画家【松本洋子】おすすめ黒のシリーズ傑作3選怖いおすすめ漫画


【松本洋子】おすすめ黒のシリーズ傑作3選

日本屈指のオカル少女漫画家【松本洋子】おすすめ黒のシリーズ傑作3選

概要と主観

大好きな三部作『黒いシリーズ』

こんなかわいい絵面なのに、毎回まったく救いのない話ばかり。

今回はあえて表題作以外をピックアップして紹介します。

 

黒の組曲

黒の組曲

出版情報

講談社コミックスなかよし440巻
『黒の組曲』
・読切全3話
・発行所:講談社
・昭和58年6月第一刷発行
・定価370円

集録作品

・黒の組曲
・天使は闇にほほえむ
・ベルが鳴ったら・・・

作品ピックアップ

ベルが鳴ったら

小学生の間に流行る自殺。

天真爛漫で輝く未来に希望しかない少女たちが

いかにして自殺に追いやられたのか。

その理由がホラーなお話。

よっぱ
よっぱ

各所に散らばる救いのなさにやられます。

黒の輪舞

黒の輪舞

出版情報

講談社コミックスなかよし428巻
『黒の輪舞曲』
・読切全2話
・発行所:講談社
・昭和58年1月発行
・定価370円

集録作品

・黒の輪舞曲
・哀しみのアントワーヌ

作品ピックアップ

哀しみのアントワーヌ

リアンナが八歳の時、母親は庭師と恋仲になり

長男である弟のアントワーヌを残してドレ家を出ました。

母と庭師であった新しい父のもとでリアンナは幸せに育ちます。

そして母が去った後、父親も再婚をしますが

その3年後に亡くなったとだけ風の便りに聞くのでした。

 

それから九年。

リアンナは結婚してイギリスへ渡ることになりますが、

その前にずっと気がかりだった弟の様子を確かめたいと思い

婚約者のセオドアを説得しドレ家のあるレーヌ村へ向かいます。

 

女性
リアンナ

父亡き後、新しい母親と仲良く暮らせているのだろうか

 

しかし、ドレ家のそばまで案内をしてくれた馬車の御者から

アントワーヌは気が狂っているという噂を聞かされます。

 

不安な気持ちの中、子供の頃よく遊んだ湖に出たところで

死んだ母親によく似た少年、アントワーヌと再会します。

 

アントワーヌはリアンナを姉とは気づきません。

そこでリアンナは家庭教師希望を装いドレ家に近づいて

真相を確かめることにします。

 

悲しみがアントワーヌを本物の狂人に変えてしまっているとも知らずに・・・

よっぱ
よっぱ

かわいそうなリアンナ、

 

黒の迷宮

黒の迷宮

出版情報

講談社コミックスなかよし484巻
『黒の迷宮』
・読切全5話
・発行所:講談社
・昭和59年11月第一刷発行
・定価370円

集録作品

・黒の迷宮
・もう いくつねると・・・
・13番めの星座
・壁の中
・青い闇の天使

作品ピックアップ

13番めの星座

リズは恋人のポールとデートの前に
自宅で星占いを読んでいました。

≪おひつじ座≫今月のあなたは
ふとしたゆだんから不幸をまねき
さらに自分自身の手で
とりかえしのつかない事態をまねく運命です

引用元:松本洋子『13番めの星座』

そこへ約束より1時間も早くポールがやってきます。

そして突然『きみとはもうつきあえない』と言うのです。

リズは驚きながらも
気に入らないところは直すからと彼を引き留めようとしますが

ポールは言います。『きみのせいじゃないんだ』···

その言葉でリズは気がつきました。

よっぱ
リズ

だれか、ほかに好きな人ができたのね

あろうことかポールは
リズの親友であるサリーと恋仲になっていたのです。

『きみが辛いなら二人とも二度と君の前には姿を現さない』

そういって部屋を出ようとするポール。

サリーのところへいってしまわないで!

そう思ったリズは
とっさに近くにあった花瓶をつかんで
後ろからポールを殴りつけてしまいました。

倒れて動かないポールを残し
リズは部屋を飛び出します。

途方に暮れ街をさまようリズは
ポールの後を追って自殺しようとしますが

彼女は視線の先に
殺したはずのポールが歩く姿を見つけます。

殺していなかった!
気を失っただけだったんだ!

するとそこへサリーが現れ
二人は寄り添いながら一緒に行ってしまうのでした。

もう二度と会えない

打ちひしがれて自宅へ戻るリズ。
玄関をあけると、そこにはポールの死体が。

リズが立ちつくしていると部屋の電話がなります。

電話はサリーのお母さんからで
サリーの事故死を知らせるものでした。

『死に顔が幸せそうにほほえんでいた』
そう聞いてリズは思います。

 

よっぱ
リズ

愛する人と二人でいってしまったんだもの
幸せなはずだわ・・・

 

松本洋子の作品がもっと見たいならコチラ


怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ