【お詫び】子宮内膜症|排卵が左右の卵巣から交互に起こるは間違い

【お詫び】子宮内膜症|排卵が左右の卵巣から交互に起こるは間違い子宮内膜症


女性の健康の為に『ピル』という選択がある。オンライン診察で自宅に届く【ピル・ユー】

【お詫び】子宮内膜症に関して

 

【お詫び】子宮内膜症に関して

 

よっぱ
よっぱ

こんにちは

よっぱ(@yoppa45)です。

なんと。なんと、なんと、

よっぱ
よっぱ

なんと!

私が当時の医師から言われたことが

『都市伝説』だと

きっぱりはっきり間違いだと

書いてあるサイトをいくつもみつけてしまいました💧

よっぱ
よっぱ

マジかよ💢

読者の皆様ごめんなさい。

けど私は本当に、きっぱりはっきりそう言われたんです。

医師
医師

排卵は左右の卵巣から交互に起こります。

よっぱ
よっぱ

言ったよなあ!先生

排卵痛に関する医師からの説明

排卵痛に関する医師からの説明

 

それまで生理痛とはほぼ無縁で過ごしてきた私が、

ある日突然異常な腹痛を感じ、

それが生理期間中でありながら、

すぐ婦人科系疾患と確信できなかった理由。

 

それは自覚症状があって以降、

生理の度に必ずあの異常な痛みに襲われ・・

よっぱ
よっぱ

無いから

 

そう、毎回は痛くなかったんです。

 

それで痛みの原因は、

胃腸など消化器系ではないかと疑って、

胃の内視鏡検査(胃カメラ)をうけたりしたんですよね。

 

その後、

婦人科を受診して子宮内膜症と判明したのですが、

その際この疑問をぶつけると返ってきた答え

それがこの『排卵左右交互説』です。

 

担当した女医さんの説明をリプレイしてみましょう。

はい、スタート▶

 

女医さん
女医さん

あなたの病変は左側にあります。排卵は左右の卵巣が毎月交互に行うのです。その為左側の卵巣から排卵がある月に、激しい痛みを伴ったのです。

 

ストップ✋ ね。こうですよ。

 

・排卵は左右の卵巣が毎月交互に行う
・病変がある側の卵巣から排卵がある月に激しい痛みを伴う

 

この2点をはっきり述べられました。

はっきり・・・

よっぱ
よっぱ

・・本当に一言一句間違いないかな?

こうしてブログに書いていくうちに、

徐々に不安になってきました。

 

私はこの

『排卵は左右の卵巣から交互に起こるは都市伝説』を目にした時、

 

よっぱ
よっぱ

あの医者!病気悪化に気づかなかっただけじゃなくてデタラメ言ってんじゃねーかよ!!

くらいに思っていましたが・・ひょっとして彼女はこう言ったかもしれない。

 

女医さん
女医さん

排卵するのは左右どちらかなので、病変のある左から排卵がある月だけ痛かったんですよ。

 

私がこれで、

勝手に隔月交代制って思い込んだだけだったのか。。

 

いや待て!両方から排卵することもあるらしいぞ!?

よっぱ
よっぱ

なんだよー、もー!

結論(今のところは!)
・排卵は基本片側から
・質の良い卵持ってる方が優先
・よって左右交互ではなくランダム
・確率は少ないが両方からもあり
よっぱ
よっぱ

これだ!

てことは、

自分の自覚症状があった時の排卵が、

たまたま交互だったということでしょうね。

 

けど、

私は専門家ではないので断言はできないですよ。

次の診察の時に、かかりつけ医に確認しますね。

 

よっぱ
よっぱ

あー、次、質問多くて金かかっちゃうなぁ、

排卵が左右の卵巣から交互に起こるは間違い

排卵が左右の卵巣から交互に起こるは間違い

 

この『排卵左右交互説』を私に説いた

(と、思っていた)女医さんには、

結果的に手術に追い込まれるという痛過ぎる経験がある為

今だこうして恨みがましくブログで愚痴ってるというのに、

これが間違いかもと気づいた瞬間は、

よっぱ
よっぱ

なに!この超ロングスパンの時間差攻撃!!

といった感じで憤慨しておりました。

 

しかし、

どうやら医師の説明が断片的であったことが原因の、

私の一人合点だったようです。

 

元の記事をしれっとリライトすることもできましたが、

ここは自身への戒めの為、

敢えて誤記を残し間違いをお詫びします。

よっぱ
よっぱ

申し訳ございませんでした

とは言え医師との意思疏通には、

相性のようなものもありますので、

あまり自分を卑下しないで、

正しい知識が得られたことに感謝したいと思います。

要点まとめ

排卵は基本片側から
・質の良い卵持ってる方が優先
・よって左右交互ではなくランダム
・確率は少ないが両方からもあり

間違いは素直に認め早く謝っちゃおう!

子宮内膜症患者の美肌・健康には『ピクノジェノール』をおすすめします

 

自分を守る為に正しい知識をもとう

子宮内膜症
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ