不審者に深夜車であとをつけられ敷地内に侵入された|犯罪被害

怖い体験・失敗談



寝てる間に本物二重!自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】

深夜帰宅途中に狙われた

バンド練習のスタジオ帰りだったか
バイト帰りだったか忘れましたが
深夜の通りを原付で走っていた時のこと。

ずっと同じ自動車が
後ろについていることに気づきました。

次の赤信号で止まった時
試しに青信号で発車しないでいると、
歩道寄りの私を追い越し
その車は普通に走り去っていきました。

よっぱ
よっぱ

なんだ、気のせいか。

しかし、それからしばらく行くと
さっきの車が路肩に停車していて
今度は私が
その車を追い越す形になったのです。

そして私が前に出たとみると
その車は発車し
また私の後ろにつけたのです。

よっぱ
よっぱ

恐いッ!

そう思いましたが
細い裏道に入るのは尚更怖く感じましたし
大通りの方が人目があって安全と考え
その通りをそのまま走行したのです。

自宅に逃げ込むことに失敗

しかし私の自宅は民家もまばらな
田んぼだらけの調整区域にあります。

近づくにつれ並走する車は減り
とうとうその車以外
回りに人気がなくなってしまいました。

ここで捕まったら
助けを求めることができない!

恐怖に駆られ速度を上げ、
とにかく急いで帰って家に入ろうと
一心不乱に走り続けました。

そして自宅の車庫に着くとバイクを止め
荷物を持って急いで玄関に走ったのです。

ところが私は焦るあまり
キーをバイクに刺したまま
車を離れてしまいました。

しかもバイクのキーには
家の鍵も一緒についているので
家に入ることができません。

慌てて取りに戻ろうをしましたが
後を追ってきた自動車が
車庫前に車を止めています。

私はとっさに物影に隠れ
車が出て行くのを待ちました。

ところがその自動車は出て行くどころか
なんと車から人が下りてきたのです。

敷地内に侵入

そして車道から敷地内に入ってくると
こちらに向かって歩いてきます。

私は車庫から玄関に向かう途中の
室外機の陰に隠れていました。

息を凝らしてじっとしますが
激しい鼓動で体が揺れます。

すぐ真横を足音が行き来します。

そしてどれくらい経ったか・・・

不審者は止めていた自動車に戻り
車を発進させました。

深夜の田舎で他に音を遮るものがないので
全ての動きが音で伝わってきます。

私はじっと耳をそばだて
車が安全な距離に離れるのを待ちました。

よっぱ
よっぱ

よし!もう大丈夫

それから急いで車庫に戻り
バイクに刺さったままになっている
キーを抜き取ると
一目散に玄関へ向かい
扉を開け家に入り鍵を閉めました。

((( ドキドキドキドキドキドキドキドキ )))

しばらく体がこわばり
動くことができませんでした。
本当に怖かった。

激しい恐怖は体を委縮させる

あの時車庫に電気がついていなかったので
真っ暗で、バイクにキーがついたままだと
気づかれなかったのが幸いでした。

それにしても自宅には両親もいたので
大声を出せば良かったのかもしれませんが

就寝中の両親に
声が届かなかったらどうしようとか、
気付いて助けに来る前に見つかって
何かされたらどうしようとか、
考えるんですよ。

そもそも恐怖で大声が出たと思えません。
仮に防犯ブザーを持っていたとしても
恐くて押せなかったかも知れません。
同じ理由でね。

本当に怖い時って私の場合
じっとしているのが精一杯なんです。

都心の郊外ほど治安が悪い

このように私は人生で何度か
こういった不審者や変質者と
呼ばれる人種に遭遇しています。

昔、私の地元はとにかく治安が悪かった。

よっぱ
よっぱ

今はどうなんだろう・・

人気が少ない割に
市の中心部から近いからかな、
空き巣や車上荒らしも多い。
変質者も多い。

果てはわざわざ
自殺しに来る人が何人かいました。
堤防に止めた車中や、
ほとんど水の無い用水路の中で。

何かが呼ぶんでしょうかね・・

隠し持つ人格をまんがでひも解く!

怖い体験・失敗談
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ