笑えない酒の失敗|酒が原因で寝ゲロ!迷惑な酔っ払い女

怖い体験・失敗談



いびき対策ラストシャレンジ!!『YOKONE Classic|ヨコネ クラシック』

泥酔して路上で横転

バイト先から自宅は自転車で10分程度です。そのバイト先と同じ建物の上階にある居酒屋で仕事上がりに懇親会が開かれました。

当時また若くかっこつけていたので、苦手な部類の酒もすすめられると余裕ぶって飲んでました。

よっぱ
よっぱ

そして悪酔いしたのです、

見栄っ張りなせいか、同席しているメンバーの前で醜態をさらすことはまずありません。平気なふりして退席しますし、実際のその場まではそこそこしっかりしてるのです。

しかし、知り合いの目の届かない場所に出るやいなや、めためたと自制が崩れていきます。

この日はそれが早かった。

駐輪場から自転車に乗ってわずか数分。ほんの少し行っただけの裏路地で横転してしまった、、ように思います。

通行人が電話代行

ここからはもーうろ覚えなので、ケータイの履歴や彼から聞いた話を繋げた想像も含んだ世界であることをご承知おきください。

怪我らしい怪我をしていないので、危ないと思って自分で自転車を降りそのまま電柱と壁の間に寄りかかりひっくり返った。

よっぱ
よっぱ

って感じでしょうね、たぶん

寝込んでしまうことはなく、とにかく家に帰りたくて起き上がろうとするのに体が言うことを聞かず、ゴロゴロ悶えていたのだと思います。

そこに通りかかった通行人のお姉さん。
(の声だったと彼が言っていました)

女性
女性

あなた、大丈夫?・・・じゃないわよね。

私ならこんな女にまず声などかけない。優しい人がいたもんだ。

女性
女性

迎えに来てくれる家族いないの?

よっぱ
よっぱ

あああ、ううう、、

まともに言葉も発せないで、携帯をとりだし彼に電話しようとしますが彼の番号を押すことができない。

女性
女性

彼の名前何て言うの?

よっぱ
よっぱ

うぅぅ、

女性
女性

これ?この人?

よっぱ
よっぱ

うう、、

女性
女性

通話履歴がいっぱいあるから彼ね?かけるわよ!

もたくたしている私から電話を取り上げ、女性が代わりに電話してくれたのです。

姿はチラチラと覚えているのですが、しかし後はまったく覚えていない。。。

泥酔して道端でひっくり返っていたら通行人がろれつの回らない私の代わりに彼氏に電話してくれるなんて

よっぱ
よっぱ

なんて親切なんだ!!

彼氏と行き違いに

彼はその女性から聞いた場所に私を迎えに来てくれたそうでが、私がみつからず、付近の通行人やコンビニのスタッフにまで、それらしき人間をみなかったか聞いてくれたそうです。

そんなこととは露知らず、私は強靭な帰省本能で記憶のないままに自宅へ向かい、彼とは行き違いになっていました。

翌朝の惨状

翌朝。ぼんやり目が覚めるとそこは自宅のソファーの上。しかし、

よっぱ
よっぱ

あれ?景色がいつもと違う

そして起き上がろうとしましたが、

よっぱ
よっぱ

あれ!?

体が起きない。つかソファーから顔が離れない。ぐっと力を入れると、
バリバリ!

よっぱ
よっぱ

これは!・・・寄生獣で新一がパラサイトに胸を貫かれた後、奇跡の蘇生で目覚めた時に似ている!!

バリバリと音を立てながら頬をはがし、起き上がると、、なんと顔もソファーも血まみれ!ならぬ、ゲロまみれ💧

しかもソファーは居間からキッチンに移動されています。

どうも怒った彼がソファーごと私を外に捨てようとして思いとどまったと思われます。

よっぱ
よっぱ

すごいな、神か仏のように心が広いよ。

私だったらとっくに捨てている。

歯磨きをして、ソファーを掃除してから風呂に入り、あとはもう強烈な二日酔いで後先考える余力がなく、布団に潜り込んで二度寝しましたとさ。

彼の愚痴が酒のつまみ

彼はこのようにものすっごーく、超人並みに優しいです。

が、

その代わり全ての事をこまかーく覚えていて、何年たっても私への恨み節のトーンがおちることはありません。

しかしあれから年月を経た今、そんな彼氏の愚痴こそが何よりの旨い酒の肴になっています。

不良長寿で免疫力アップのすすめ