飲酒の効果効能|メリットなし!デメリットしかないは間違い

悩める心身の不調



体臭・加齢臭などに本気でお悩みなら「いい快互服ドットコム」

心を癒す神のお恵み

このコロナ禍で、
在宅勤務、外出自粛が続いています。

そんな中、あろうことか
彼氏くんと喧嘩をしてしまいました。
アホみたいにくっだらない理由で。
しかしこれはキツい。

私は頑固です。
悪いと思っていないことは謝れない。
最大の譲歩が反論しないで
その話題に触れないでいること。

あまり上品に育ってないので
キレるとかなり口汚く罵ることができる。
そして修復をさらに困難にすることを
自覚しているのであえてしゃべらない。

そして彼氏くんも、
ヘソを曲げて押し黙るタイプ。
こちらの声掛けを無視し続ける。

個室がないこの家の中で
お互い出かける先もなく
口をきかないで過ごすのは苦痛極まりない。

こんな時あらためて思うこと、それは

よっぱ
よっぱ

ああ!酒が飲めて本当に良かった!!

酒飲んで『酒の細道』など読んでいると
心がリラックスするのがわかる。
狭心症でも発症したような
胸を締め付ける思いも和らいでいきます。

だから、こんなに有難いお酒を
デメリットしかないように言われると
本当に悔しいし腹が立つ!
私が酒の名誉挽回をしてやろう!

酒をむやみやたらと叩く輩よ
耳の穴かっぽじって
よっく聞きやがれ。

よっぱ
よっぱ

聞けッ!

酒は辛い浮世を生き抜くための
神のお恵みなんだぞ!!

デメリットを生むのは単なる自制心の無さ

先日某TV番組で、女優の斎藤慶子さんが

女性
齋藤さん

そんなに量は飲まないんですけど、飲まないとその日が終わらない感じですね。

って言ってるのを聞いて

よっぱ
よっぱ

そう!そう!

深~く共感しました。
齋藤さん中々男前な性格してらっしゃる。

別番組で、TOKIOの松岡さんが

彼氏くん
松岡さん

子供の時ジュースお猪口で飲んでましたよ!

という話をしていた時も、

よっぱ
よっぱ

一緒!一緒!

拍手してしまいました。

私はアル中ではありませんが、
お酒を我慢するほど
辛いことはないと思っています。

そして毎日飲むからこそ
次の日の酒が不味くなるような
暴飲はしません。

しかし、
その適量を自覚するまでは
数多くの失敗を重ねました。

酒に強くなるというのは
自分の適量を知ると言うことです。

鍛えるつもりで沢山飲んだからって
決してアルコールの分解能力が
増したりすることはありません。

自分に合ったお酒、
飲み方と言うのもあります。
単純にアルコール度数や量だけで
酔う酔わないは決まらないんです。

その辺の自分との相性を見極め
次の日に残るほど飲まなければ
体壊す様なことには
ならないと思うんだけどなぁ・・・

酒は健康アイテム

天の神様、地の神様、酒の神様!
どーか、今際の際まで飲ませてください。

人生の楽しいことは
酒を伴い昇華されていく!!

心からそう思っていますから、
飲めないというのは
全てを色褪せ味気無くさせ
甲斐を奪われる気持ちがするのです。

ご馳走だってお酒がついてこそ。

魚介類は私にとって
日本酒がなければ生臭さいだけ。
しかし、日本酒が付いたとたんに
奥深い旨味を湛えた珍味と化します。

肉の脂身だって
ビールやチューハイがあればこそ
美味しいのであって
お茶やジュースじゃ
気持ち悪くて食べられない。

私にとって
食欲増進に欠かすことのできない
健康アイテムが酒なんです!

小食の人あるある

酒は人を寛容にする

私には特別な酒癖などありません。
ただただ気分が朗らかになる。それだけ。

よって友達は私のことを

男性

笑い顔、笑

女性

顔がゆるい、笑

彼氏くん

アホ、

そういって面白がってくれます。

 

よっぱ
よっぱ

飲んでない私を知らないからね、

逆にあまり好かない連中からは

男性

顔が怖い、

男性

言い方がキツい、

女性

コミュ力がない、

と散々にたたかれます。

そうしてたまに飲み会などあると
人が違って感じると言われます。

よっぱ
よっぱ

私には飲ましとくのが世のため人のため

普段イラつく好かない連中の物言にも
酒さえあれば我慢ができる。
飲んでいると他人に対し寛容になれるのです。

男の魅力も酒で5割増し

男だってそう!

たまにシラフでせまる男がいるが
その前にせめて一口飲ませてくれと
懇願してしまう、、

彼氏くん

さあどうぞ!好きにしてください。

どんなに旨そうな唇がそう誘っても
酔いに任せてでなければ
どう攻めてよいかとまどってしまうし、
いちいち細かいことが気になってしまう。

酔って適当になった感性でこそ
男の粗も味になるってもんでしょ、

よっぱ
よっぱ

本音は自分の粗を多目に見て欲しいからなんだけどね;;

ここで一首。
『旨いもの、きれいな景色、色男。
 酒が無くては、魅力半減。』

酒を欠いては魅力半減どころじゃない、
そんな悲しいことはない。

酒を称える慣用句

今コロナで
色々思うように行かないけど、
こんな時こそ酒ですよ!

酔拳で蘇化子先生も謳っておられる。
『酒は憂いを掃う玉箒』ってね。

よっぱ
よっぱ

玉箒(たまははぎ)

そうだ!酒の素晴らしさを謳った
ことわざをまとめてみましょう!

『酒を称える慣用句5選』
〇酒は百薬の長
(解釈)酒は薬では得られない多くの利点を持っている
〇酒は詩を釣る針
(解釈)酒を飲むと芸術的感興がわく。良い事を思いつくの意。
〇酒は天の美禄
(解釈)酒は天からのすばらしい賜りもの。酒の美味をたたえる意味。
〇酒に十の徳あり
(解釈)酒には10のメリットがあるという意味。
〇酒は憂いをはらう玉箒
(解釈)酒のストレス解消の効用を指す言葉。
よっぱ
よっぱ

さあ、気分がグッと乗ってきたぞ!

最新の研究結果でも酒は悪者

乗ってきたところで何ですが
酒にまつわる慣用句を並べたてると
やはりデメリットバージョンが多数派。

それに昨今は
酒は体に悪いといわれることが増えており、
医学誌にもそういった
最新の論文が掲載されています。

しかし、しかしですね・・・

体の健康だけが健康ではないでしょうが。
心が病んでしまっては
五体満足でも生きてはいけないのです。
やっぱり!やっぱり酒は百薬の長なんですよ!

ということで、
今日は何をつまみに飲もうかな

あ~スッキリした

翌日に残らない!病気にならない!



毎日歯磨きしてもお口が臭うなら…『YOGORE TORI-NA|ヨゴレトリーナ』