ジェノゲスト等ホルモン治療は免疫力低下に繋がる?|子宮内膜症(11)

子宮内膜症
Sponsored Links
よっぱ
よっぱ

こんにちは

よっぱ(@yoppa45)です。

小さなことから大きなことまで、ちょいちょい繰り返す痛い体験をブログに綴ってます。

今日は『子宮内膜症の治療』について
9月頃から徐々に痛みが強くなってきたので、年が明けたら医師と相談してジェノゲストを服用しようと考えていましたが・・、今そのタイミングで悩んでいます。

『ピル=避妊』だけじゃない。
女性の健康の為に『ピル』という選択。
Sponsored Links

ディナゲスト服用中止

子宮内膜症の手術を担当した医師からは、術後も服用を続けるように言われたディナゲストでしたが、一年あまり続いた不正出血に嫌気がさし服用を中止しました。

よっぱ
よっぱ

それからかれこれ3年

楽観的ですが、なんとなーくそのまま閉経までやり過ごせる気になっていたんですよ。それくらい調子がよかったんです。

しかしここ最近、

よっぱ
よっぱ

うーん、これってどーなんだろ、

そんな不安が心を塞ぐことが増えてきました。

8月の定期健診では、子宮に腫れはなく悪化の様子はみられないとの診断でしたが、そもそもダグラスか深部病変は目視でしか断定できないほど診察が難しいはず。

今はまだ我慢できる程度の痛みですが、ある日突然マックスの痛みに襲われ半年もせずに手術決定!なんて経験をした身としては、ほんの些細な変化でも心が揺らぎます。

コロナ禍でホルモン治療再開は避けるべきか

経緯と不安を伝えたら、かかりつけ医はきっと反論しないでしょう。あとは服薬再開のタイミングだけです。ところが、いざ再開しようと決意したところで思い出したのです。副作用が不正出血だけでなかったことを。

いや、実際にはあれが副作用のせいだったと言い切る根拠はないのですが、しかし、ともかくえらい頻度で風邪を引いたのです。それも2回は気管支炎になりました。さらには、風邪の自覚もないのに頻繁に咳き込み、ちょっとの咳でたちまち声がれし、病気休職明けというのも手伝って、職場では猛烈な悲愴感が漂いました。しかも、健康な人にとってこの病人の悲愴感はあっという間に苛立ちの素となるんですよね。

女性

病院いった?何ですぐ行かないの?

男性

その咳おかしくない?何か違う病気じゃないの?

心配してくれている、そう思いたい。しかし・・

よっぱ
よっぱ

なぜそんなに語気が強いのか

長引く不調を抱えながら働く人の多くは

よっぱ

わかるー!

と、今頭を振り立てていることでしょう。

と、ちょっと本題から逸れましたが、そのような状況がディナゲストを服用していた時期と丸かぶりしていたのです。

治療による免疫力とメンタルの低迷

もし仮に、黄体ホルモン治療による副作用が手伝って、術後さらに免疫力が低下し様々な不調に悩まされたとすれば、今このコロナ禍に同じ体調に持っていくのは危険なのではないか。今それを心配しているのです。。

医師
医師

それは全く全然関係ないよ

と断言されたとしても、長引く不正出血など副作用によって、体に加えメンタルが低迷していたことは確かです。

今わたしが勤める会社もコロナの影響で業績不振に喘いでいます。普通ならブラックと叩かれそうなことが、緊急事態下で容認されているような状況ですよ。そこで副作用で体調が悪いと言っても誰も手加減してくれないのです。ジェノゲストによる治療再開には最悪なタイミングなんではないかと、思わずにはいられない。

しかし、だったらいつならいいんだ?コロナが収束してからか??その間に許容範囲を越えて悪化しないだろうか!?その前に今回なぜテレワークにならないのか?!

と、このように果てしなく気持ちが行ったり来たり脱線したり・・

よっぱ
よっぱ

この気持ち、わかってくれる人いますよね!?

今の私には同じ病気に悩む皆さんの共感が何より心の支えです。何の答えも用意のない、つまらぬ愚痴ブログですが、また様子見に来てください。なんだかんだしんどいですが、お互い頑張っていきましょう。

【明日は我が身】自分を守る為に知ることが大切

🔽