諸星大二郎『私家版鳥類図譜』講談社|昔の怖い短編漫画

怪奇漫画のカルトな世界



国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!無料立ち読みも豊富|イーブックジャパン

作品情報

モーニングKCDX1694『私家版鳥類図譜』
・短編全6話
・発行所:講談社
・2003年発行
・定価952円(税別)

作品もくじ

・第一羽:鳥を売る人
・第二羽:鳥探偵スリーバー
・第三羽:鵬の墜落
・第四羽:塔に飛ぶ鳥
・第五羽:本牟智和気
・第六羽:鳥を見た
・口絵解説
・あとがき

おすすめポイント

先に紹介済みの『私家版魚類図譜』も素晴らしいけど、こちらも秀作揃いの一冊。

『幻想漫画の巨匠・諸星大二郎、待望の最新作品集。
未来の地下都市で、古代日本で、そして現代のベッドタウンで……
謎の翼が、あなたを誘う。』

引用:『私家版鳥類図譜』より

よっぱ
よっぱ

なんて魅力的な誘い文句!!

カバーにまかれた帯にこれが書かれていては、ふらふらとレジへ向かわざるを得ないでしょう。

作品ピックアップ

鳥を売る人

出典:『鳥を売る人』より

空のない街の物語。

地中に埋もれた都市の残骸。それが幾重にも重なりできた未来の世界で暮らす人々。

そこに暮らす人々は遥か彼方となった地上の世界を知らずにいました。

太陽も空も見たことがない人々は、行商人が連れてきた謎の生き物『鳥』という生き物を知りません。

塔に飛ぶ鳥

出典:『塔に飛ぶ鳥』より

その昔、世界は一本の塔でした。

そして塔の外を世界の果てと呼び、そこに見える無数の塔を幻だと信じていました。

世界の果ては塔に群がる鳥たちがいるだけの虚無なのだと・・・

鳥を見た

出典:『鳥を見た』より