平成15年の怖い短編漫画『私家版鳥類図譜』諸星大二郎|モーニングKCDX

平成15年の怖い短編漫画『私家版鳥類図譜』諸星大二郎|モーニングKCDX怖いおすすめ漫画



国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!無料立ち読みも豊富|イーブックジャパン

『私家版鳥類図譜』諸星大二郎

モーニングKCDX1694『私家版鳥類図譜』
・作者:諸星大二郎
・短編全6話
・発行所:講談社
・2003年発行
・定価952円(税別)

作品もくじ

・第一羽:鳥を売る人
・第二羽:鳥探偵スリーバー
・第三羽:鵬の墜落
・第四羽:塔に飛ぶ鳥
・第五羽:本牟智和気
・第六羽:鳥を見た
・口絵解説
・あとがき

おすすめポイント

先に紹介済みの『私家版魚類図譜』も素晴らしいけど、こちらも秀作揃いの一冊。

『幻想漫画の巨匠・諸星大二郎、待望の最新作品集。
未来の地下都市で、古代日本で、そして現代のベッドタウンで……
謎の翼が、あなたを誘う。』

引用:『私家版鳥類図譜』より

よっぱ
よっぱ

なんて魅力的な誘い文句!!

カバーにまかれた帯にこれが書かれていては、ふらふらとレジへ向かわざるを得ないでしょう。

作品詳細

鳥を売る人

高層ビル、地下鉄、排水溝。巨大な建築物の残骸が幾重にも積み重なってできた地下の街。

そこに暮らす少年イポー。

ある日その街に、古い排水溝を伝って行商人の男がやって来ます。

男はいくつもの荷物と一緒に、大きな籠の中に見慣れない生き物を入れていました。

イポーはそれが何か男に尋ねます。

男はそれが『鳥』だと教えてくれました。

男が商売をはじめると人々は次々男を訪ねます。みな行商人の持つ珍しい品々に興味津々。

そして見たこともない鳥という生き物について色々質問しますが、それは男にもわかりません。

何の役に立つのか?

食べられるのか?

ペットになるのか?

街の人達も一緒になってあれこれ考えますが正体がわからず、結局売れずに終わります。

行商人が諦めて別の街へ向かおうとする中、

街の変人ショートさんが趣味で集めた古代のデータから、鳥がどんな生き物かを知るヒントが見つかります。

『翼』と『空』

しかしこの街に空などありません。

するとイポーが空が見える場所を知っていると言いました。

ショートさんは嫌がる行商人を引き立て、鳥の正体を確かめる為に空のある場所をイポーに案内させます・・

塔に飛ぶ鳥

その昔、世界は一本の塔でした。

『タリマ』という名の街に、ある日記憶を失った一人の若い男が現れます。

彼はコマーという名を与えられタリマに留まることを許されますが、

正式な住人と認められるまで辺境で暮らすことになりました。

辺境の地は塔の一番端の地域であり、辺境の最も奥には塔の壁があります。

そして壁の向こうは塔の外、つまり世界の外であり、世界の外は塔に群がる鳥たちがいるだけの虚空だと、誰もが信じていました。

そんな虚空を人々は恐れ、壁の穴の向こうに見える景色から目を背けます。

しかし、コマーは辺境を恐れるどころか、壁に近づき世界の外を見ずにはいられませんでした。

塔の外、虚空に広がる外の世界に関心を持たずにはいられないのです。

なぜならコマーは・・

怖いおすすめ漫画
スポンサーリンク
よっぱをフォローする
スポンサーリンク
よっぱ体験談ブログ