ゆめのよう『助けて!だれか。』立風書房|昭和の怖い短編漫画


最後まで全話無料の漫画が満載!会員登録者数200万人突破|スキマ

作品情報

レモンコミック・学園恐怖シリーズ
『助けて!だれか。』
・1巻完結
・発行所:立風書房
・1987年発行
・定価370円

おすすめポイント

本日は、ゆめのようさん作『助けて!だれか。』をご紹介。これはなかなかの秀作です。酷いいじめを受けている主人公「一人(かずと)」の復讐物語。自らプログラミングしたコンピューターゲームのキャラクター「レディ・ネーター」が、一人に代わっていじめっ子たちを爽快に殺しまくります!美しいレディ・ネーターの力を借りて見事全員皆殺し。

よっぱ
よっぱ

あっぱれ

悲しくて痛くて悔しくて、心が血まみれだった主人公も、これで心穏やかにあの世にいけただろう。

よっぱ
よっぱ

めでたし

💬生きていれば楽しいと思えることがまたある。死んだら辛い思いはもうしなくていい。だからどっちでもいい。けど事切れる瞬間、瞬間までの時間が怖いんだよー!

よっぱ
よっぱ

あー!怖い;

死亡事故を聞くと、死に方を想像してしまって身体が痛い。怖い映画なんてみなくてもニュースで十分。もう沢山。

命が終わる瞬間の苦痛ってどんなもんだろう・・・。もう死ぬよって時に後悔や未練が頭を駆け巡ったりするんだろうか・・・。いや、死ぬ瞬間にそんなことタラタラ考えないよね。

女性

死にたくない!

ただそんだけ。・・・ん?違うか。

女性

やめて!

って感じかな?ただただこの苦しい痛い状況から逃れたいってだけ。記憶が走馬灯のように駆け巡るだとか、怖い悲しいなんて感情は、心にまだ余裕があるよね。

けど、あとは向こうへ転ぶかこっちに残るか、どっちかってとこまでいけたなら、そっから助かったりしたくないなー。

よっぱ
よっぱ

絶対

神様、気づかないくらい安らかに殺してください。辛い生き方も惨い死に方もしたくないです。

大ヒット作!寄生獣の作者『岩明均』は必見!



採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】