諸星大二郎『私家版魚類図譜』講談社|昔の怖い短編漫画(49)

怪奇漫画のカルトな世界
Sponsored Links

最後まで全話無料の漫画が満載【スキマ】

会員登録者数200万人突破!
Sponsored Links

作品情報

『私家版魚類図譜』
・短編全7話
・発行所:講談社
・2007年発行
・定価1048円(税別)

作品もくじ

・第一尾:深海人魚姫
・第二尾:鮫人(こうじん)
・第三尾:魚が来た!
・第四尾:魚の学校
・第五尾:魚の夢を見る男
・第六尾:深海に還る
・第七尾:ネタウナギ

おすすめポイント

夕べ(2013年01月07日)NHKで放送された生きた「ダイオウイカ」の映像。素晴らしかったです。深海生物の、夢、幻の様な美しさ!それをみていてすぐさま思い出したのがこちら、諸星大二郎先生の『私家版魚類図譜』。

作品ピックアップ

『深海人魚姫』

第一尾『深海人魚姫』に登場する深海生物が、NHKの番組内で多数紹介されていて、

よっぱ
よっぱ

楽しかった♪

死んで打ち上げられた深海生物は皆グロテスクで、気味の悪い生き物だとばかり思っていましたが大間違!生物発光の神秘的な美しさはこの世のものとは思えません。あ~!録画してみればよかった;;

『魚の夢を見る男』
イチ押しは第五尾『魚の夢を見る男』。これ、この感じ。読むたびに感じる、この感じ。閉塞感でいっぱいの心を解放する術がみつからず、もどかしさが更に胸を塞ぐような

よっぱ
よっぱ

読んだらわかる

なんと今更気づいてしまいましたが、諸星先生は(もろぼし)ではなく(もろほし)です☆

ブックオフ【公式】宅配買取サービス