ハムスターが熱中症で死亡!急な外出時の室温対策|失敗談(11)

失敗談
Sponsored Links
スマホ・パソコンで1日中がんばる目に!

【ファンケル】目のサプリメント|えんきん

Sponsored Links

夏の室内にペットを放置

猛暑日が続いたある年の八月、仕事中の事故で突然父が亡くなりました。

即死だったので数時間で遺体は自宅に戻され、死に化粧をして翌日には葬儀場に向かいました。その葬儀の為うちを出る時のこと。

猫たちは田舎のことなので元々出入り自由で暮らしていましたから、車庫に食事だけ用意して屋外に放ったのですが、ハムスターをどうしたらよいが迷い、今日明日2日のことだからと2階の廊下にケージを置いて出たのです。

少しは風通しがよかろうと思ったのですが、この時ちゃんとした知識があれば死なせずに済んだのに・・・

戸建ては2階に熱がたまる

私の実家は積水ハウスの2階建てプレハブ住宅で、2階で部屋の無い部分は全てベランダという造りをしています。そして外装が真っ白。

ベランダはまるで太陽光発電ばりに熱を集めます。閉め切った室内の温度が上がる条件をこれでもかと満たしているのです。

その家の中で暖かい空気は上に行きます。そして階段は家の中央で、今思えば1階の熱を2階へ逃がす煙突のようなものだったのですね。

いつも2階へ上がる時ちょうど階段の真ん中で、まるで熱い空気の層に首を突っ込むような感じがしたのを思い出します。

それでもその時は、家の中で一番風が流れる場所だからとその階段を上がったところにあるタンスの上にケージを乗せたんです。

しかし風が通るのは窓を開けていればのはなし。今から一家で葬式にでかけるのに窓を開け放っていくはずがありません。

密室にしたうえ最も熱の籠る場所で、逃げられないケージの中に入れて置いて出てしまったんです・・・

室温管理には注意が必要

自宅に戻って2階にあがると・・ケージの中をみなくても全てを悟りました。

タンスの周辺には、ケージ内にあったエサやチップが方々にまき散らかされていたのです。

そして全く音のしない、生き物の気配のしないそのケージに、しばらくの間それ以上近づくことができませんでした。

どれほど苦しんだのだろう本当にごめんなさい・・・

ハムスターは熱に弱い生き物です。今飼われている皆さん、室温管理には十分お気を付けください。

先送りしないで!今知っておくべき現実問題